キーパーソンが語る

SIGFOX日本進出の「舞台裏」と「戦略」――KCCS黒瀬社長インタビュー

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション発行人) 2017.01.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

注目のLPWA技術「SIGFOX」の国内サービスを2月から提供開始する京セラコミュニケーションシステム(KCCS)。同社の黒瀬善仁社長に、SIGFOXとの出会いから投資計画、売上目標、サービスアイディアまでを聞いた。

 

――京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、日本でSIGFOXのネットワークを展開すると発表しました。SIGFOXとの出会いはいつ頃だったのでしょうか。

黒瀬 きっかけは2015年のMWC(Mobile World Congress)です。

通信は年々ハイスペックになり、今や回線速度はMbpsが一般的です。しかし、「もっと低速でいいからとにかく安い通信回線」に対するニーズがあるのではないかと常々思っていました。そのような時にMWCでSIGFOXを知り、仏シグフォックスに詳しく話を聞いたところ、やっぱり面白かったんです。

日本に持って帰ってきて社内の技術部門でも見てもらいましたが、技術者の目線からも面白いという話になりました。そこで2015年の夏から詳しい調査を開始し、実証実験などを始めたのは2016年の年明け頃です。その後、2~3月頃にはSIGFOXをぜひ日本でやりたいと考えるようになりました。

――面白かった点は、具体的にどのようなところですか。

黒瀬 彼らの設計思想は、とにかく無駄をそぎ落として既存のものをうまく使います。いろいろと機能を付けたりせず、スタンダードなものを使えるようにしています。

一例として、今回のSIGFOXパートナー企業の村田製作所やSMKは通信モジュールを出してくれます。その2社は、以前からSIGFOXで利用しているのと同じ920MHz帯の通信モジュールを出していましたが、それにSDKを乗せるだけですぐにSIGFOX対応のモジュールになります。ハードウェアを一から設計する必要がありません。

 

京セラコミュニケーションシステム 代表取締役社長 黒瀬善仁氏
京セラコミュニケーションシステム 代表取締役社長 黒瀬善仁氏


――KCCSは日本のSNO(SIGFOX Network Operator)として、これからネットワークを整備していくことになります。投資額や目標売上などを教えてください。

黒瀬 2017年3月までに数億円を投じて東京23区、川崎市、横浜市、大阪市の4都市をエリア化し、その後はお客様の需要を鑑みながら2018年3月までに国内の政令指定都市でSIGFOXを提供できるようにします。2020年度には通信料金の売上100億円、累計契約デバイス数1500万台を目指します。この目標は、SIGFOXパートナーとともに見込み顧客を積み上げ、計算したものです。

SIGFOXのサービス開始を発表してからわずか2日ほどで、我々が想像していなかった分野からのニーズが寄せられています。考えもしていなかった団体や企業の方々からの問い合わせです。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necpf1704
citrix1704
microsoft1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Abanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます