キーパーソンが語る

EMMは次に「UC」を統合する――レコモット東郷CEOが語る

構成◎太田智晴(編集部) 2017.01.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

レコモット 代表取締役 CEO
東郷剛氏

企業がモバイルを安全に活用するために必要なツールを統合的に提供する「EMM」。レコモットの東郷社長は、EMMの次なる進化のポイントは「モバイルユニファイドコミュニケーションだ」と予見する。

3年でID数を4~5倍に――EMM市場は今後も拡大が続く見込みですが、当面の目標を教えてください。

東郷 向こう3年間でmoconaviのユーザー数を今の4~5倍、100万ID近くに持っていきたいと考えています。

moconaviの導入企業は、これまではメガバンクなどの大手企業がほとんど。中小企業については、ほぼノータッチでしたが、大手企業だけでは100万という目標には到達できません。

そこで、従来は大手企業に強いパートナーが中心でしたが、これからは中堅・中小企業に強い代理店を増やし、マーケットの拡大を図る考えです。

――目標達成に向けて、課題はありますか。

東郷 もしかすると一番の課題は、moconaviが、何でも出来てしまうことかもしれません。

例えば、ビジネスチャットが欲しいユーザーには「ビジネスチャットです」、UCのユーザーには「クラウドアドレス帳です」と言ったほうが今は間違いなく売れるのです。

――UCも統合された新時代のEMMをどうアピールしていくかという課題ですね。

東郷 そうです。MAMとして売るのは難しくありませんが、ビジネスチャットやUCといった新しい側面をどう上手に伝えていくのか。それが、これからのチャレンジです。

著者プロフィール

東郷剛(とうごう・つよし)氏

国産ソフトウェアベンダでマーケティング職に従事ののち、複数のベンチャー企業立ち上げ携わる。2006年にレコモットを立ち上げ、2008年にモバイルソリューション「moconavi(モコナビ)」をリリース。メガバンクや通信キャリアなど多数の導入実績を有する

スペシャルトピックスPR

emc
yamato1708
yamaha1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます