キーパーソンが語る

EMMは次に「UC」を統合する――レコモット東郷CEOが語る

構成◎太田智晴(編集部) 2017.01.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

レコモット 代表取締役 CEO
東郷剛氏

企業がモバイルを安全に活用するために必要なツールを統合的に提供する「EMM」。レコモットの東郷社長は、EMMの次なる進化のポイントは「モバイルユニファイドコミュニケーションだ」と予見する。

 

――企業がモバイルを安全に活用するためのソリューションに関しては、いくつかのトレンドの変遷がありました。そうしたなか一貫して独自のポジションを築いてきたのが、レコモットの「moconavi」です。

東郷 moconaviは、スマートデバイスから業務アプリケーションを安全・快適に活用するためのリモートアクセスツールです。我々は、セキュアなMAM(モバイルアプリケーション管理)と言っています。

かつてはリモートアクセスというと、セキュアブラウザやMDM(モバイルデバイス管理)が中心でした。特に2011年頃になると、MDMが数多く登場します。現在ではMDMベンダーはだいぶ淘汰されましたが、勝ち残ったMDMベンダーが今、何に注力しているかというと、EMM(エンタープライズモビリティ管理)という言い方でMAM機能を強化しています。

MDMベンダーが言い出す前からMAMを提唱してきた我々は、企業のモバイル活用の流れをしっかり予測できていたと言えるでしょう。moconaviのコンセプトは今、さらに時代にマッチしてきました。

――では、ビジネスも順調に推移しているのですか。

東郷 堅調に伸びています。今年3月末時点の数字ですが、moconaviのユーザー数は16万4000、導入企業数で言うと300社を超えています。

例えば、最近増えている導入理由の1つに、Office 365への移行があります。Office 365自体は堅牢なので、企業にとって課題となるのは、Office 365に接続するまでの経路と端末のセキュリティです。moconaviをOfffce 365のクライアントとして使えば、この2つの課題は容易に解決可能です。

まず接続経路については、moconaviのサーバーでいったん終端してから、Office 365に接続できます。このため、moconaviのIPアドレスだけに接続元を限定することが可能で、moconaviのアプリのログイン認証をパスしたユーザーしか、Office 365にはアクセスできません。VPNの構築などの必要なしに、セキュアな接続を手軽に実現できるのです。

また、端末のセキュリティについては、moconaviの大きな特徴である端末にデータを一切残さない点が貢献します。端末を紛失・盗難しても、データは端末に残っていないのですから、リモートワイプの必要もありません。

――オンプレミスの業務システムはもちろん、クラウドを安全に利用するためのソリューションとしてもmoconaviは広がっているのですね。

東郷 Office 365だけではなく、Google AppsやSalesforce、Sansan、Kintone、Box、Dropbox Enterpriseなど、moconviは主要なクラウドサービスに対応しており、今後さらに増やしていく考えです。

著者プロフィール

東郷剛(とうごう・つよし)氏

国産ソフトウェアベンダでマーケティング職に従事ののち、複数のベンチャー企業立ち上げ携わる。2006年にレコモットを立ち上げ、2008年にモバイルソリューション「moconavi(モコナビ)」をリリース。メガバンクや通信キャリアなど多数の導入実績を有する

スペシャルトピックスPR

hpearuba1711
watchguard1711
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます