キーパーソンが語る

EMMは次に「UC」を統合する――レコモット東郷CEOが語る

構成◎太田智晴(編集部) 2017.01.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

レコモット 代表取締役 CEO
東郷剛氏

企業がモバイルを安全に活用するために必要なツールを統合的に提供する「EMM」。レコモットの東郷社長は、EMMの次なる進化のポイントは「モバイルユニファイドコミュニケーションだ」と予見する。

 

――企業がモバイルを安全に活用するためのソリューションに関しては、いくつかのトレンドの変遷がありました。そうしたなか一貫して独自のポジションを築いてきたのが、レコモットの「moconavi」です。

東郷 moconaviは、スマートデバイスから業務アプリケーションを安全・快適に活用するためのリモートアクセスツールです。我々は、セキュアなMAM(モバイルアプリケーション管理)と言っています。

かつてはリモートアクセスというと、セキュアブラウザやMDM(モバイルデバイス管理)が中心でした。特に2011年頃になると、MDMが数多く登場します。現在ではMDMベンダーはだいぶ淘汰されましたが、勝ち残ったMDMベンダーが今、何に注力しているかというと、EMM(エンタープライズモビリティ管理)という言い方でMAM機能を強化しています。

MDMベンダーが言い出す前からMAMを提唱してきた我々は、企業のモバイル活用の流れをしっかり予測できていたと言えるでしょう。moconaviのコンセプトは今、さらに時代にマッチしてきました。

――では、ビジネスも順調に推移しているのですか。

東郷 堅調に伸びています。今年3月末時点の数字ですが、moconaviのユーザー数は16万4000、導入企業数で言うと300社を超えています。

例えば、最近増えている導入理由の1つに、Office 365への移行があります。Office 365自体は堅牢なので、企業にとって課題となるのは、Office 365に接続するまでの経路と端末のセキュリティです。moconaviをOfffce 365のクライアントとして使えば、この2つの課題は容易に解決可能です。

まず接続経路については、moconaviのサーバーでいったん終端してから、Office 365に接続できます。このため、moconaviのIPアドレスだけに接続元を限定することが可能で、moconaviのアプリのログイン認証をパスしたユーザーしか、Office 365にはアクセスできません。VPNの構築などの必要なしに、セキュアな接続を手軽に実現できるのです。

また、端末のセキュリティについては、moconaviの大きな特徴である端末にデータを一切残さない点が貢献します。端末を紛失・盗難しても、データは端末に残っていないのですから、リモートワイプの必要もありません。

――オンプレミスの業務システムはもちろん、クラウドを安全に利用するためのソリューションとしてもmoconaviは広がっているのですね。

東郷 Office 365だけではなく、Google AppsやSalesforce、Sansan、Kintone、Box、Dropbox Enterpriseなど、moconviは主要なクラウドサービスに対応しており、今後さらに増やしていく考えです。

著者プロフィール

東郷剛(とうごう・つよし)氏

国産ソフトウェアベンダでマーケティング職に従事ののち、複数のベンチャー企業立ち上げ携わる。2006年にレコモットを立ち上げ、2008年にモバイルソリューション「moconavi(モコナビ)」をリリース。メガバンクや通信キャリアなど多数の導入実績を有する

スペシャルトピックスPR

ゼンハイザー201701
エンピレックス201611
Gigamon201611

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ICT業界 未来予測2017
         10の変革シナリオ

 LPWAでスマートシティ元年 / IoTが“シェアリング”を加速
 社会基盤を「人質」に身代金 / モバイルで進む放送と通信の融合
 ビデオがX-Techの名脇役 / PBX業界のデジタル破壊始まる   他

【インタビュー】総務省 総合通信基盤局長 富永昌彦氏<MVNOの接続料をさらに低廉化 つながるクルマがIoTの“先兵”>

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot08
ngn2016
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます