キーパーソンが語る

IoTビジネスカンファレンス 講演レポート

企画立案から開発、運用・評価まで――IoTによる業務変革をトータルで支援するニフティIoTデザインセンター

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.12.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ニフティ IoT推進室
IoTデザインセンター
センター長 佐々木浩一 氏

大手ISPのニフティは、2015年7月にIoTに取り組む企業をビジネス・技術の両面から支援するサービス「IoTデザインセンター」を開始、100件を超えるIoTシステムの相談に乗ってきた。このプロジェクトを通じて、従来の「売り切りモデル」から「サービスモデル」への転換を図るメーカーも出てきているという。

 

ニフティが9月に製造業とサービス業に携わる20代以上の男女を対象に行った調査では、製造業で78%、サービス業でも65%が「IoTの活用でビジネスが進展する」と回答した。他方、「実際に勤務先企業がIoTを活用、準備、または検討している」という回答は、製造業で48%、サービス業では22%にとどまるという。

IoTビジネスカンファレンスで講演したニフティの佐々木浩一氏は、この調査結果を踏まえて、企業のIoT活用を広げるにはいくつかの課題が残っていると指摘。これらを解決し、IoTによる企業の業務改革のドライバーの役割を担うものとして、ニフティが昨年開設した「IoTデザインセンター」の取り組みを紹介した。

佐々木氏は、IoTデザインセンターを「IoTを活用して企業の事業課題を解決するプロフェッショナル集団。IoTに取り組む企業をビジネス・テクノロジーの両面から支援できる体制を整えている」と説明。「2015年7月の開設以降、100件を超える企業のご相談に乗ってきた」と述べた。
IoTの3つの課題を解決IoTデザインセンターでは、(1)企業のIoT活用をビジネス・技術両面でコンサルティングする「IoTコンサルティング」、(2)IoTシステム・サービスの設計・構築・開発を行う「IoTインテグレーション」、(3)システム構築・サービス提供に必要となるプラットフォームやVPNサービス(L2VPN)などを提供する「IoTテクノロジープラットフォーム」の3つのカテゴリのソリューションを提供。これらを通じてIoTの活用を検討している企業の課題解決を図っているという。

ニフティIoTデザインセンターが提供する3つのソリューションカテゴリ
ニフティIoTデザインセンターが提供する3つのソリューションカテゴリ


では、具体的にはどのような取り組みがなされているのか――。

佐々木氏は、IoTの活用を考えている企業の多くが抱えている課題の1つに「自社の製品・サービスとIoTをどう結びつけるかが明確にならない」、すなわち「IoTで何を行えばいいのかが分からない」ことがあると指摘。この課題を(1)のIoTコンサルティングの「アイディア創出支援サービス」で、解決できると述べた。

アイディア創出支援サービスは、「デザイン思考」に基づいてIoTを導入しようとする企業とニフティがワークショップを行い、テーマ設定、課題解決のためのアイディア出し、仕様策定や対象となる顧客像(ペルソナ)の設定などを進めていくというもの。IoTを活用した新サービス・アプリケーションの開発に、ニフティが顧客企業とともに取り組んでいくというのである。

アイディア創出支援サービスの展開イメージ
アイディア創出支援サービスの展開イメージ


さらに佐々木氏は「収集したデータをどう活用すれば効果を出せるかが分からない」、すなわち「データ活用の難しさ」も、企業がIoT活用する上で大きな課題となっているという。そこでニフティは、(2)のIoTインテグレーションでデータサイエンティストによる分析サービスを提供、この課題の解決を図っているという。

ニフティでは「データの取得・分析(Data)」「分析結果の活用・反映(Action)」「効果・メリットの創出(Output)」という一連のサイクルをデータの「フィードバックループ(Feedback loop)」と名付け、これに基づいてIoTを活用し価値・効果を生み出すための支援を行っている。

佐々木氏は「IoTによってこれまでは取得できなかったデータが取得できるようになる。そのデータをさまざまなアクションに落とし込み、メリットを生み出すことが、IoTの基本的なバリューサイクルだとニフティでは考えている」と、この取り組みの背景を説明する。“データによる価値創出”が、「IoTの本質」だというのである。

データのフィードバックループのコンセプト
データのフィードバックループのコンセプト


佐々木氏が、3つ目の課題として取り上げたのがコスト。多くの企業から「IoTを活用するための予算が無い」「開発コストが高い」という声が聞かれるという。

ニフティでは、(3)の「IoTテクノロジープラットフォーム」のソリューションを活用することで、この課題を解決できると見る。

例えば、IoTデータの収集・制御/蓄積/活用・処理を担う「ニフティクラウド IoTプラットフォーム」を利用すれば、IoTの構築コストを大幅に引き下げることができる。

大量のIoTデバイスをクラウドに接続・管理する「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」を用いることで、デバイスのデータ取得/制御/ユーザーの紐付けなどが、効率的に行えるようになる。

さらに、IoTで取得したデータをグラフなどで可視化する「ニフティクラウド Data Visualizer(β)」や機械学習基盤をクラウドサービスとして提供する「ニフティクラウド Machine Learning(トライアルα版)」も用意されており、こうしたレディーメイドの機能を活用することで、IoTの開発をスピーディかつ低コストで行えるようになるというのだ。

スペシャルトピックスPR

arbor1705
yamaha1704
caso1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます