キーパーソンが語る

通信業界のデジタルトランスフォーメーションの勘所は?――IDC Japanの小野陽子氏に聞く

構成◎唐島明子(編集部) 2016.12.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japan コミュニケーションズ
シニアマーケットアナリスト
小野陽子氏

デジタルトランスフォーメーションに注目が集まっている。しかし、デジタル化の波は、まだ動き出したばかり。IDC Japanの小野陽子氏に、デジタル化の意味や通信業界における先進事例を尋ねた。

 

――デジタルトランスフォーメーションが話題です。しかし、日本企業はデジタル化に対する意識が低いようです。

小野 「デジタル化に対応できない企業は生き残れない」――。長期的な視点ではそうなるとIDCは考えていますが、確かに海外と比較して、日本のユーザー企業のデジタルトランスフォーメーションに対する意識は高くありません。実際に調査の結果でもそのような数字が出ています。

その理由は、「ユーザー企業のIT部門がどれだけITに強いか」が、海外と日本では異なるからだと思います。

米国の場合、ユーザー企業側にITエンジニアが集まっており、技術力も高いです。ベンダー側に技術力がないとは言いませんが、ITの主導権はユーザー企業にあります。

ところが日本の場合、多くのITエンジニアがベンダー側にいます。そして終身雇用の傾向が強く、人材の流動性が小さい。ユーザー企業のIT部門は最新の技術に触れる機会も少なく、システム導入はベンダー主導の構図になりがちです。

デジタルトランスフォーメーションのキーワードは“スケール”――IDCはデジタルトランスフォーメーションをどのように捉えていますか?

小野 IDCは、デジタルトランスフォーメーションを次のように定義しています。「企業が第3のプラットフォーム技術を利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデル、新しい関係を通じて価値を創造し、競争上の優位を確立すること」。

デジタルトランスフォーメーションは、従来のクライアントサーバー型のシステムではなく、クラウド、モバイル、AI、IoTといった新しい技術で実現していくことになります(図表)。そのようなデジタルトランスフォーメーションでは、“スケール”がキーワードになるでしょう。

 


図表 デジタルトランスフォーメーションを支えるデジタル技術
図表 デジタルトランスフォーメーションを支えるデジタル技術

 

――スケールとは、具体的にどのようなことですか。

小野 例えばですが、スマートフォンの普及によりデバイス数は増加しましたが、単にデバイス数が多くなっただけでなく、利用されるアプリケーション数も劇的に増えています。

PCのアプリは数千~数万円しますし、バンドルされているものを利用するだけのことも多く、1人でいくつもアプリを購入することは多くありません。

ところがスマホになった途端、価格は無料や数百円になり、1人で何十個もアプリをインストールしたりします。このように、売れる数は増加する一方で、平均単価が下がるのはデジタルトランスフォーメーションの典型です。

他にも、IoTにより、単価が低いネットワークの回線数も増えます。これまで企業はデータセンターと各拠点との接続を考えていればよかったのですが、今後は膨大な数のIoTデバイスとクラウドを接続し、AIで処理する必要が出てきます。さらにAPIエコノミーが浸透すれば、クラウドに置かれたシステム同士がAPIで自動連携するなど、より多様な接続、すなわちエコシステムのスケールも起きるでしょう。

――通信業界は、ユーザー企業のデジタルトランスフォーメーションを支援する一方で、自らのデジタルトランスフォーメーションも進めなければなりません。

小野 IDCはデジタルトランスフォーメーションへのアプローチとして、①リーダーシップ変革、②オムニエクスペリエンス変革、③情報変革、④運用モデル変革、⑤ワークソース変革などがあると考えています。

業種や業態によって異なりますが、通信業界の取り組みとして重要になるものの1つに④があると思います。

例えば、従来の一般的なデータセンターの運用では、1人あたり数台から数十台のサーバーしか運用できていませんが、グーグルは様々なイノベーションで1人数千台を運用する規模感で、圧倒的なスケールを実現しています。通信事業者の運用にも同様の効率化が求められます。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

citrix1704
microsoft1705
recomot1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます