企業ネットワーク最前線

SMB市場で実績伸ばすチェック・ポイント、北海道でセミナーを初開催

文◎百瀬崇(ライター) 2016.12.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは2016年11月11日、JRタワーホテル日航札幌で、「中小企業向け ITセキュリティセミナー 札幌編」を開催した。同社のSMB市場への取り組みが紹介されたほか、パートナー企業や船井総合研究所の那須慎二氏が中小企業のセキュリティをテーマに講演。会場に集まった多くの聴衆が熱心に聞き入った。

フルUTMスループットが速いチェック・ポイント製品UTMスループットとマルウェア検知率――。UTMの基本性能といえる、この2つについて話したのは、システムエンジニアリング部 セキュリティーエキスパートの小林晋崇氏である。

 

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ システムエンジニアリング部 セキュリティーエキスパート 小林晋崇氏
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
システムエンジニアリング部 セキュリティーエキスパート 小林晋崇氏

 

小林氏によると、「各社のUTMのスペック表を見ても、何をどう比べたらいいのか分からない」という声を多くの顧客から聞くという。そこでチェック・ポイントでは、複数ベンダーのUTMの実機を用意し、スループットとマルウェアの検知率を計測してみたそうだ。

その結果、ファイアウォールスループットは他社のUTMの方が速かったが、フルUTMスループットに関しては、チェック・ポイント製品の方が高速なことが分かったという。

「ファイアウォールスループットの方が評価されがちだが、実際に重要なのはフルUTMスループットの方。すべてのセキュリティ機能をオンにしても、スピードが出るのがチェック・ポイント製品だ」と小林氏は語った。

 


スループットのテスト結果


マルウェア検知率のテストでは、本物のマルウェアを使ってシミュレートを行った。その結果、チェック・ポイントの700シリーズでは1078個すべてのマルウェアをブロックできたのに対し、他社のUTMは458個しかブロックできなかったという。

マルウェア検知率のテスト結果

 
チェック・ポイント製品を使ったパートナーソリューションが続々チェック・ポイントのパートナー企業も講演した。まずは、ムラテック販売 北海道支店 支店長 畠山正季氏だ。

 

ムラテック販売 北海道支店 支店長 畠山正季氏
ムラテック販売 北海道支店 支店長 畠山正季氏

 

同社は今年6月、チェック・ポイントの技術を採用したUTM機能付きストレージボックス「InformationGuard」を発表している。NASとチェック・ポイントのUTMを統合することで、企業のデータをセキュアに守れるのが特徴。MFP連携機能も備えている。

畠山氏によると、UTMのリプレースに合わせてNASも一緒に提案できること、NASの付加価値向上により販売単価をアップできる点が、販売代理店から好評だという。


InformationGuardの特徴



アークン 取締役 ソリューション営業部長の嶺村慶一氏は、同社のトリプルガードアプライアンス「Ahkun EX AntiMalware USAVシリーズ」(以下、USAVシリーズ)を紹介した。

 

アークン 取締役 ソリューション営業部長 嶺村慶一氏
アークン 取締役 ソリューション営業部長 嶺村慶一氏


USAVシリーズは、チェック・ポイントのUTMを活用し、UTM・エンドポイント・内部統制の「トリプルガード」を1台で実現している。UTM機能については、チェック・ポイント「730」のUTM機能をすべて利用可能。エンドポイントセキュリティは、アークンのクライアントマルウェア対策「Ahkun EX AntiMalware」を採用する。最後の内部統制を担うのは、アークンのPC業務監視ソフト「PasoLog」で、毎日のPC操作をログとして記録し、日報形式で管理者にメールで報告することができる。

「USAVシリーズの最大の特長は、PCの集中管理機能を標準装備していること」と嶺村氏。クラウド上の管理画面から、すべてのPCを集中管理できるという。



Ahkun EX AntiMalware USAVシリーズの特徴



ソフトバンク コマース&サービス(以下、ソフトバンク C&S) 北日本営業推進課の山上浩氏が紹介したのは、同社の「ネットワークセキュリティヘルスチェックサービス Powered by Check Point」だ。

これは、ネットワークに流れているトラフィック情報をもとに定期的にレポートを行うサービス。「企業が無駄な投資をせずに、計画的にセキュリティ対策を進めるためには、定期的な検診が欠かせない。このサービスは、企業版の定期検診を実現するものだ」と山上氏は説明した。

 

ソフトバンク コマース&サービス 北日本営業推進課 山上浩氏
ソフトバンク コマース&サービス 北日本営業推進課 山上浩氏


具体的なサービスの仕組みはこうだ。社内のLANスイッチのミラーポートに、チェック・ポイント製品を接続してトラフィック情報を収集。集めた情報は、チェック・ポイントのクラウドに送信して分析し、定期的にレポートする。「脅威攻撃侵入情報」や「マルウェア侵入・活動状況」「アプリ/サイト利用状況」「ネットワーク帯域利用状況」の主に4つの視点からセキュリティ状況を可視化でき、“明瞭”な検診結果が得られるという。


主に4つの視点で可視化を行う
ネットワークセキュリティヘルスチェックサービス Powered by Check Point

 

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます