新製品&新サービス

「クラウドレディなADC」にラインナップ刷新 ― F5ジャパンが新製品と事業戦略を発表

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.11.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷


新アーキテクチャ組み込み、BIG-IPシリーズを刷新

こうした新事業戦略を推進するための具体策として、F5は2つの新製品と、1つのパートナーシップを発表した。

新製品の1つ目は、“クラウドレディなADC”として2017年2月から発売するハードウェア製品「BIG-IP i」シリーズだ。


BIG-IP iシリーズの最上位モデル「BIG-IP i10000シリーズ」


SDNコントローラやクラウドオーケストレータとの連携によるプロビジョニング/オペレーションの自動化が可能で、ビジネスディベロップメントマネージャの帆士敏博氏によれば「多数のパートナーとの連携によって、構成変更が簡単にできる」。「テンプレートを適用するだけでF5のサービスがすぐできたり、数クリックでWAFが提供できたりする」という。



ビジネスディベロップメントマネージャの帆士敏博氏


ハードウェアとしての機能・性能面でも、大きな特徴がある。帆士氏が「BIG-IP iシリーズの最大の特徴」として挙げるのが、F5独自技術「TurboFlex」の搭載だ。



トラフィック処理を効率化するTurboFlex機能


これは、CPUとFPGAで行うトラフィック処理を目的に応じて変更することでパフォーマンスを最適化する技術だ。「セキュリティ」「ADC」「プライベートクラウド」の3種のプロファイルのうち、ユーザーが選択したプロファイルに応じてその処理をFPGAにオフロードする。例えば、セキュリティ関連の処理をFPGAに行わせることでCPU使用率を上げ、ADCのパフォーマンスを向上させるといった使い方ができる。

2つ目の特徴は、EEC SSLのハードウェア処理に対応したことだ。ECC暗号は、RSA暗号に比べて短い鍵長で同じ強度を実現できる暗号方式。BIG-IP iシリーズの全ラインナップが対応しており、帆士氏によれば、ADCでは「業界初」の取り組みだという。

BIG-IP iシリーズを「マルチクラウドのハブ」に

このBIG-IP iシリーズの発売と合わせて、F5はエクイニクスとのパートナーシップも発表した。

エクイニクスは、AWSやMicrosoft Azure、Office 365といったパブリッククラウドとの専用線接続サービスを提供する“クラウドエクスチェンジ”事業者だ。同社とF5が提携することで、下図のように、企業が複数のパブリッククラウドを併用する際の“ハブ”の位置にBIG-IP iシリーズを配置し、1箇所で複数クラウドのセキュリティと可用性をコントロールできるようにする。



エクイニクスとの協業イメージ


帆士氏によれば、現在、従来はオンプレミス環境のサーバーに配置されていた業務アプリケーションの“置き場所”が分散化しているという。プライベートクラウド、そして社外のパブリッククラウドにも業務アプリケーションが配置され、しかも、事業者が異なる複数のクラウドを併用し、用途に応じて使い分けるケースも珍しくない。

そうした「マルチクラウド」の環境においても、オンプレミスと同様に業務アプリケーションの可用性とセキュリティを担保し、かつそれらを効率的に運用・管理したいという新たなニーズが出てきていると同氏は指摘する。「アプリケーションがどのクラウドにデプロイされても同じセキュリティを保つ必要がある。だが、複数のクラウドを個別に運用管理し、アプリの健全性、トランザクションを把握することは大変になる」という。

BIG-IP iシリーズの発売とエクイニクスとのパートナーシップは、その解決策としてF5が提示するソリューションだ。「ハブにコントロールポイントを置くほうが効率的で、各クラウド事業者に合わせなくてもいい。日本でもこういう形態が増えつつある」と帆士氏は話す。

このほか、ソフトウェア製品として、Dockerコンテナ環境で動作する「Application Service Proxy」も発表した。基本的な負荷分散機能とトラフィックの可視化機能を提供するもので、マイクロサービス間の通信を可視化する。また、BIG-IP iシリーズとApplication Service Proxyを接続する「Container Connector」も用意する。



コンテナ環境向けに提供開始するソフトウェア製品


これらコンテナ環境向けソフトウェア製品は、2017年度第2四半期を目処に提供を開始する予定だ。


スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます