企業ネットワーク最前線

ソフトバンクがNB-IoT活用したスマートパーキング実証実験を公開

文◎唐島明子(編集部) 2016.11.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ARMベースのNB-IoTチップを手に持つ
ソフトバンクの北原秀文氏

ソフトバンクは2016年11月24日、IoT向けのLTE規格「NB-IoT」を活用したスマートパーキングの実証実験をメディア向けに公開した。NB-IoTを搭載したセンサーをそれぞれの駐車スペースの地面に埋め込み、そのセンサーで検知した空き状況をNB-IoT経由でシステムに送信する。


「実証実験を繰り返した上で、2017年の夏から順次全国の基地局をNB-IoT対応にする」。実験の場でこう宣言したのは、ソフトバンクの北原秀文氏だ。

ソフトバンクの技術統括モバイル技術本部ネットワーク企画統括部で統括部長を務める北原秀文氏。2017年の夏から順次、LTE基地局をNB-IoT対応にして、その後に控えるサービス開始に備えるという

対象は日本全国にある900MHzと2.1GHzの基地局

この取り組みは、同社が2016年9月に発表した「5G Project」の第2弾にあたる。ソフトバンクは5G Projectとして、2020年に向けてネットワーク強化を進めている。目指すのは「大容量」「多接続」「高速化」「低遅延」で、大容量は第1弾のMassive MIMOで実現しており、第2弾のNB-IoTでは同時接続数の増大を図る。

NB-IoTへの対応は「5G Project」の第2弾として多接続を実現する

NB-IoT経由のデータは数秒で反映スマートパーキングのシステムでは、NB-IoTモジュールを搭載したセンサーを1台1台の駐車スペースの地面に埋め込み、それぞれの空き状況をセンサーで検知する。センシングデータはNB-IoT経由でクラウドにあるスマートパーキングのシステムに送られる。駐車場を利用したいのユーザーは、スマートフォンアプリで駐車場の空き状況を確認し、空いている駐車スペースがあればアプリ上で予約できる。

公開された実験では、センサーの上にクルマを駐車してから数秒後にスマホアプリ上でも駐車済みであることが確認できた。

NB-IoTを活用したスマートパーキングのシステム概要

実証実験の構成イメージ。実験では900MHz帯の基地局が用意された

今回のスマートパーキングのポイントは、NB-IoTの通信モジュールを搭載したセンサーを利用していること。同様のセンサーを利用したシステムの実験は、すでにファーウェイが上海ディズニーランドの駐車場で展開しており、今回の実証実験でもファーウェイのNB-IoTの技術が利用されている。


NB-IoTの通信モジュールを搭載したスマートパーキング用のセンサー(写真では路面上にセンサーを置いてあるだけだが、実際は地面に埋め込んで利用する)

クルマがセンサーの上に来ると駐車状態と判断される。奥にある白いトラックがNB-IoTの実験用基地局

ソフトバンクは今後、IoTサービスの特性に応じて最適なネットワークを提供するとして、アンライセンスバンドのLoRaWAN、ZigBee、RFIDなどを選択肢として挙げながらも、「IoT向けのワイヤレスネットワークとして、NB-IoTをはじめとするライセンスバンドを軸にサービスを提供する」(北原氏)という。

サービスに応じて最適なネットワークを提供する
ライセンスバンドで提供されるIoT向けのネットワークは3つ

スペシャルトピックスPR

recomot201701
ゼンハイザー201701
エンピレックス201611

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ICT業界 未来予測2017
         10の変革シナリオ

 LPWAでスマートシティ元年 / IoTが“シェアリング”を加速
 社会基盤を「人質」に身代金 / モバイルで進む放送と通信の融合
 ビデオがX-Techの名脇役 / PBX業界のデジタル破壊始まる   他

【インタビュー】総務省 総合通信基盤局長 富永昌彦氏<MVNOの接続料をさらに低廉化 つながるクルマがIoTの“先兵”>

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot08
ngn2016
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます