企業ネットワーク最前線

「中古車のガリバー」が見据えるクルマのIoT化

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.12.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDOM 執行役員
新規事業開発室長 北島昇氏

中古車販売大手のIDOM(旧ガリバーインターナショナル)にとって、クルマのIoT化はどのような意味を持つのか。同社 執行役員の北島昇氏に聞いた。

 

「当社は、移動の質を高める、移動を含む一連の体験を彩る『モビリティカンパニー』でありたいと思っている。そのために必要なデータを得る手段がコネクテッドカー。我々がセンシングできる幅が広がる」。こう話すのは、IDOM(旧ガリバーインターナショナル)で新規事業開発室長を務める執行役員の北島昇氏だ。

同社は買取・販売に加え、ユーザーが月額定額で好きなクルマに乗り変えられるサブスクリプション型サービス「NOREL(ノレル)」も提供している。移動がサービス化する将来を見据えたものだ。クルマを「売る・買う・貸す・借りる」すべてに関わることで、顧客がどんなクルマに乗り、何をしているのかを補足し、IDOMが統合した体験を提供する「ドライバープラットフォーム」の実現を目指している。

そうしたIDOMの事業において、コネクテッドカーは2つの側面を持つと北島氏は話す。1つは、例えばテレマティクス保険のようなサービスを、IDOMが販売したり貸したりするクルマに付帯して提供するというもの。もう1つが、IDOMが主体となって通信回線も含めたクルマ向けのIoTサービスを提供し、クルマとユーザーの情報をドライバープラットフォームに集めて活用するという方向性だ。

「最終的に意思決定されているものではない」としながらも北島氏は、後者に関して、MVNOとして通信を提供することも検討中だと話す。中古車販売時に、クルマをIoT化するサービスを合わせて展開し、「通信とデータを押さえる。さらにデータをサードパーティに提供できるような基盤を構築する」事業もあり得る。ソラコムなど複数のMVNOと話を進めているという。

回線周り以外のICT業界との連携ももちろん視野にあり、コネクテッドカーが普及する将来において「クルマ業界とIT屋、Web屋をつなぐ交点に立ちたい」とも同氏は話す。国内外の“ガリバー”拠点を核とした多様な販売チャネルを持つ同社が、中古車のIoT化に大きな影響力を及ぼすことは間違いない。今後の動向が注目される。

スペシャルトピックスPR

unisys201702
nissho201702
ゼンハイザー201612

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます