企業ネットワーク最前線

“走るIoT”コネクテッドカーが生み出す新経済圏

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.11.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

クルマをクラウドや交通インフラ等とつなぎ、車両データや周辺データを収集・分析して活用できるようにするコネクテッドカー。この“走るIoTデバイス”を軸に、様々なビジネスが生み出されようとしている。

コネクテッドカーで何ができる?世界には現在、約11億台のクルマが存在するが、そのうちネットワークにつながっているのは2割に満たない。富士経済の調査によれば、通信モジュールを内蔵、あるいはモバイル端末と連携してインターネット接続が可能なコネクテッドカーの世界市場は、2014年末で全乗用車の14%に当たる1億1197万台とされている。

注目すべきは今後の伸び率だ。同調査では、30年にコネクテッドカーの数は全乗用車の55%以上を占める6億8249万台(累積台数)に達すると予測する。14年の約6倍だ。ガートナーも、20年までに自動車の5分の1が何らかの無線ネットワーク接続機能を搭載すると予測しており、コネクテッドカーの台数は2億5000万台を超えると見込む。

クルマのIoT化によって何が変わるのか。

コネクテッドカーとは、クルマ内のセンサーから得られるデータや周辺情報をモバイルネットワークを介してクラウド等に集積・分析して活用できるようにするものだ。

これまでも、自動車メーカーが運営するテレマティクスサービスで、いわゆるインフォテイメント(「インフォメーション」と「エンターテイメント」を提供する機能)が提供されてきたが、IoT化したクルマが増えれば分析できるデータが増え、さらに分析技術の高度化によって、より高度かつ多様なサービスが提供できるようになる。

これにより、クルマの付加価値が高まるだけでなく、自動車産業全体、さらに社会の仕組みまで大きく変わる可能性がある。

 


図表1 コネクテッドカーを実現する通信技術とサービス例[画像をクリックで拡大]
図表1 コネクテッドカーを実現する通信技術とサービス例

コネクテッドから自動運転へクルマ自体の進化については、データの分析結果をフィードバックして、運転効率や安全性を向上させたり、車内環境を快適にすることができる。

例えば、エンジン回転数や速度等の走行データを分析して、安全運転・エコ運転のための情報を提供したり、交通状況の変化に応じて最も効率の良いルートを選定してドライバーに提案できるようになる。トヨタ自動車のテレマティクスサービス「T-Connect」には、過去の走行履歴から行き先・経路を予測して、ルート上の事故・渋滞・天候情報を知らせる“先読み情報提供”機能がある。

運転環境を快適にする「ウェルビーイング」も、コネクテッドカーの有力なアプリの1つだ。ドライバーの健康状態や疲労をカメラ映像や生体センサーで探知して警告を出したり、音楽等のエンターテイメント機能を快適に使えるように、音声認識で車載端末を操作できるようにするといったものだ。

若年層のドライバーが減る一方で、高齢・富裕層が増加していることから、自動車メーカーが開発に注力しており、人間と対話できる人工知能(AI)を、車載機のインターフェースに用いようとする動きもある。これも、クラウド上のAIとクルマがつながって初めて実現できるものだ。

また、クルマのIoT化は自動運転の実現にも不可欠の要素だ。

基本的には、周辺車両や歩行者、道路状況を検知するセンサーと、車両自体の制御技術によって自動運転は実現されるが、センサーが感知できない範囲の情報や、交通状況の変化、地図情報等をリアルタイムにクルマに提供するためにネットワーク/クラウドとの接続は欠かせない。コネクテッドカーは、自動運転の実現に向けた準備とも言えるのだ。

スペシャルトピックスPR

レコモット201611
NECsi201611
ゼンハイザー201612

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ICT業界 未来予測2017
         10の変革シナリオ

 LPWAでスマートシティ元年 / IoTが“シェアリング”を加速
 社会基盤を「人質」に身代金 / モバイルで進む放送と通信の融合
 ビデオがX-Techの名脇役 / PBX業界のデジタル破壊始まる   他

【インタビュー】総務省 総合通信基盤局長 富永昌彦氏<MVNOの接続料をさらに低廉化 つながるクルマがIoTの“先兵”>

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot08
ngn2016
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます