企業ネットワーク最前線

IoTビジネスカンファレンス 講演レポート

工場の見える化を実現するためには各部門の担当者が欲しいと考える情報を欲しいタイミングで供給するシステムが必要

文◎小林秀雄(ITジャーナリスト) 2016.11.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ロックウェル オートメーション ジャパン
マーケティング部 部長
畝 忠孝 氏

ロックウェル オートメーション ジャパンの畝 忠孝氏は、工場の部門や職位によって必要とするデータが異なること、また必要とするデータが様々なシステムに分散していることが工場を見える化する際の課題となっているとした上で、その課題を解決するソフトウェアとしてFactoryTalk VantagePoint(以下、FactoryTalk)の機能について説明するとともにその導入実例を紹介した。

工場見える化の課題は散在しているデータを手動で収集していること初めに同氏は工場の見える化に関する課題について取り上げ、「製造業では工場の現場と生産管理部門、経営層が必要とするデータはそれぞれ異なっている」と指摘した上で、それぞれが欲しいタイミングで欲しい形でデータを供給する必要があると述べた。

例えば、生産現場のオペレーターが入手したいと考えている情報は生産設備の稼働状況や生産の進捗に関するものでありリアルタイム性が求められる。生産管理部門が担当しているのは生産性や品質の向上であり、そのためには過去のデータをトレースすることが必要となる。一方、経営層は各工場の生産量や使用電力などをグローバルに比較したり、生産の改善に役立つデータを求めている(図表1)。


図表1 欲しいタイミングで、欲しい情報を提供する
図表1

 

続いて畝氏は、「システムごとに散在しているデータを手動で収集してレポートを作成している」ことが製造業のデータ活用に関する問題であり、製造業は(1)タイムリーなレポート更新が困難、(2)CRMなど他のアプリケーションが持つデータと組み合わせて分析することが難しい、(3)製造ラインを停止させることなく、新しいレポートシステムを導入することが困難といった課題を抱えていると指摘した。

工場の見える化に求められる機能これらの課題を解決して工場の見える化を実現するためにシステムが持つべき要件として畝氏は以下の項目を提示した。

(1)様々なデバイス、コントローラ、データベース、サーバとオープンな規格で接続可能
(2)必要なデータを様々な場所からピックアップし、結びつける機能
(3)リアルタイムデータの取得、制御への対応
(4)Webからのリアルタイムでの情報確認
(5)小規模から大規模まで同じプラットフォームで対応可能なスケーラブル性

続いて同氏は同社のFactoryTalkは「工場の見える化に特化したレポートシステムのソフトウェアである」と位置付け、FactoryTalkが備えている(1)CONNECT、(2)ORGANIZE、(3)VISUALIZEの3つの機能について説明した(図表2)。


図表2 FactoryTalkが備える3つの機能
図表2

 

情報をKPI化する機能を提供CONNECTは、各システムのデータベース、PLCシステム、センサーをつなぐ機能である。ORGANIZEは、様々なシステムをつないで得たデータを1つのサーバに統合し、レポートする機能を指す。VISUALIZEは、インターネットを利用してどの拠点からでも生産に関するデータを見ることができるようにする機能である。

FactoryTalkは製造業が必要とする情報を必要な形でKPI化、レポート化する機能を備えている。例えば、SAPやOracleのエンタープライズシステムのデータやIBMの生産管理システムなどのデータを現場のデータと自由に結びつける機能がその1つである。また、ダッシュボード機能は経営層が求めるデータのグラフ化機能を提供している。

Microsoft社のExcelをレポート作成ツールとしていることによってユーザーがレポートを簡単に作成できることもFactoryTalkの特徴である。様々なサーバに格納されているデータをExcelに取り込み、グラフやKPIに関するレポートはExcelで作成する仕組みを採用している。Excelべースでレポートの修正やデータの追加などの作業は現場の担当者が行える。IT部門や外部企業に作業を依頼する必要がないため、製造業は現場でレポートのアップデートがタイムリーに実行できるようになるというメリットを得ることができる。

スペシャルトピックスPR

panasonic201701
nttsoft201701
recomot201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ICT業界 未来予測2017
         10の変革シナリオ

 LPWAでスマートシティ元年 / IoTが“シェアリング”を加速
 社会基盤を「人質」に身代金 / モバイルで進む放送と通信の融合
 ビデオがX-Techの名脇役 / PBX業界のデジタル破壊始まる   他

【インタビュー】総務省 総合通信基盤局長 富永昌彦氏<MVNOの接続料をさらに低廉化 つながるクルマがIoTの“先兵”>

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot08
ngn2016
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます