企業ネットワーク最前線

IoTビジネスカンファレンス 講演レポート

工場の見える化を実現するためには各部門の担当者が欲しいと考える情報を欲しいタイミングで供給するシステムが必要

文◎小林秀雄(ITジャーナリスト) 2016.11.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ロックウェル オートメーション ジャパン
マーケティング部 部長
畝 忠孝 氏

ロックウェル オートメーション ジャパンの畝 忠孝氏は、工場の部門や職位によって必要とするデータが異なること、また必要とするデータが様々なシステムに分散していることが工場を見える化する際の課題となっているとした上で、その課題を解決するソフトウェアとしてFactoryTalk VantagePoint(以下、FactoryTalk)の機能について説明するとともにその導入実例を紹介した。

工場見える化の課題は散在しているデータを手動で収集していること初めに同氏は工場の見える化に関する課題について取り上げ、「製造業では工場の現場と生産管理部門、経営層が必要とするデータはそれぞれ異なっている」と指摘した上で、それぞれが欲しいタイミングで欲しい形でデータを供給する必要があると述べた。

例えば、生産現場のオペレーターが入手したいと考えている情報は生産設備の稼働状況や生産の進捗に関するものでありリアルタイム性が求められる。生産管理部門が担当しているのは生産性や品質の向上であり、そのためには過去のデータをトレースすることが必要となる。一方、経営層は各工場の生産量や使用電力などをグローバルに比較したり、生産の改善に役立つデータを求めている(図表1)。


図表1 欲しいタイミングで、欲しい情報を提供する
図表1

 

続いて畝氏は、「システムごとに散在しているデータを手動で収集してレポートを作成している」ことが製造業のデータ活用に関する問題であり、製造業は(1)タイムリーなレポート更新が困難、(2)CRMなど他のアプリケーションが持つデータと組み合わせて分析することが難しい、(3)製造ラインを停止させることなく、新しいレポートシステムを導入することが困難といった課題を抱えていると指摘した。

工場の見える化に求められる機能これらの課題を解決して工場の見える化を実現するためにシステムが持つべき要件として畝氏は以下の項目を提示した。

(1)様々なデバイス、コントローラ、データベース、サーバとオープンな規格で接続可能
(2)必要なデータを様々な場所からピックアップし、結びつける機能
(3)リアルタイムデータの取得、制御への対応
(4)Webからのリアルタイムでの情報確認
(5)小規模から大規模まで同じプラットフォームで対応可能なスケーラブル性

続いて同氏は同社のFactoryTalkは「工場の見える化に特化したレポートシステムのソフトウェアである」と位置付け、FactoryTalkが備えている(1)CONNECT、(2)ORGANIZE、(3)VISUALIZEの3つの機能について説明した(図表2)。


図表2 FactoryTalkが備える3つの機能
図表2

 

情報をKPI化する機能を提供CONNECTは、各システムのデータベース、PLCシステム、センサーをつなぐ機能である。ORGANIZEは、様々なシステムをつないで得たデータを1つのサーバに統合し、レポートする機能を指す。VISUALIZEは、インターネットを利用してどの拠点からでも生産に関するデータを見ることができるようにする機能である。

FactoryTalkは製造業が必要とする情報を必要な形でKPI化、レポート化する機能を備えている。例えば、SAPやOracleのエンタープライズシステムのデータやIBMの生産管理システムなどのデータを現場のデータと自由に結びつける機能がその1つである。また、ダッシュボード機能は経営層が求めるデータのグラフ化機能を提供している。

Microsoft社のExcelをレポート作成ツールとしていることによってユーザーがレポートを簡単に作成できることもFactoryTalkの特徴である。様々なサーバに格納されているデータをExcelに取り込み、グラフやKPIに関するレポートはExcelで作成する仕組みを採用している。Excelべースでレポートの修正やデータの追加などの作業は現場の担当者が行える。IT部門や外部企業に作業を依頼する必要がないため、製造業は現場でレポートのアップデートがタイムリーに実行できるようになるというメリットを得ることができる。

スペシャルトピックスPR

necpf1711
nec1711
hpearuba1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます