ニュース

インフィネラ、“スケーラブルで賢い”光伝送装置の新製品を発表

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.11.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

光伝送装置ベンダーのInfineraは2016年11月17日、同年3月に発表した新たな光通信モジュール「Infinite Capacity Engine」を搭載した新製品群を発表した。


今回発表した新製品群の概要


Infinite Capacity Engineは、最大2.4Tbpsの容量で1万2000kmの長距離伝送性能を有する(参照記事http://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/4455/Default.aspx)。今回発表した新製品群は、その大容量・長距離通信性能に加え、通信事業者やデータセンター/クラウド事業者の求める要件に応える新アーキテクチャを搭載している点に特徴があるとインフィネラ・ジャパンの金親義一氏(システムエンジニアリング担当ダイレクター)は語る。



インフィネラ・ジャパンでシステムエンジニアリング担当
ダイレクターを務める金親義一氏


「スケーラブルかつオープンなネットワークを求めるデータセンター/クラウドの要件と、高信頼かつセキュアなネットワークを求める通信事業者の要件は異なる。相反する2つのマーケットのニーズを共に満足できるソリューションになっている」という。

“世界初”のメッシュポンダーとは?
目玉は、同社が“世界初”を謳う新ジャンルの光伝送装置「メッシュ・ポンダー」だ。1RUサイズで1.2Tbpsの容量を持つ「DTN-X XT-3300」と、4RUサイズで2.4Tbpsの「DTN-X XT-3600」の2機種を2017年に市場投入する。



世界初のメッシュ・ポンダー製品として2機種を発売する


メッシュ・ポンダーとは、ネットワーク上で提供されるサービスの種類等に応じて、細かな粒度で帯域を効率的に活用できるようにしたもの。例えば、XT-3300の「1.2Tbps」を100Gbps単位で“スライス”し、それぞれ異なるサービスに用いることができる。とにかく大容量なネットワークが必要とされる領域にも、IoTやビデオ通信、IaaSやSaaSといった複数のアプリケーション/サービスを単一のネットワークで提供するケースにも、1つの製品で対応可能な点がメリットだ。



メッシュ・ポンダーによる”スライス”のイメージ


もう1つ、ユニークなのが「Instant Bandwidth」機能だ。

これは、トラフィック需要の変化に応じて迅速に伝送容量を加減できるようにする機能である。例えば、最大1.2Tbpsの容量を持つXT-3300を「200Gbpsだけ使える」ライセンスで購入し、トラフィック需要が増大した際には、ポータル画面からライセンスを購入するだけですぐに200Gbpsを追加するといった運用が可能になる。

従来のように、新たなモジュールや装置を購入し、技術者が設置場所まで行って追加・交換するという物理的な作業を行うことなく、容易にスケールできるようになるのだ。さらに「当社のSDNコントローラと連携すれば、自動的に容量を増やすことも可能」と金親氏は話す。予め設定したスケジュールに応じて、帯域を自動で変更するといった運用も可能になる。

こうした機能によって、通信事業者やクラウド事業者は「サービス展開を早く行うことができる」(同氏)という。

キャリア向け光伝送装置の容量も2.4倍に
一方、約4年前から販売し、通信事業者等100社で導入されている光伝送装置「DTN-X XTC4」もアップデートし、1.2Tのラインモジュールを新たに販売する。従来の500Gbpsモジュールから容量を一気に2.4倍に拡大し、大容量化のニーズに応える。

このXTC-4用新モジュールも、前述の2つの機能を備えており、柔軟な運用、帯域変更が可能だ。

これらに加え、今回発表した新製品はオープンなAPIをサポートしており、インフィネラはSDNコントローラを介してアプリケーションやサービスからソフトウェア制御によって帯域や性能を柔軟かつ迅速に変更可能な“インテリジェント”な光ネットワークを実現していく方針だ。運用コストも含めて、従来のネットワークと比べてTCOを約半分に削減することが可能だという。

スペシャルトピックスPR

yamaha1711
necpf1711
nec1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018b
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます