企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 2016 講演レポート

「1つのモバイルアプリで、どんな業務もセキュアに実現できる世界を」、レコモット東郷氏

文◎百瀬崇(ライター) 2016.11.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

EMM市場でひときわ異彩を放っているのがレコモットの「moconavi」だ。MDMベースのEMMとは異なり、MDMとMAMを分離。グループウェアやメール、セキュアブラウザ、ファイルサーバー、UCなど、あらゆる業務アプリケーションをMAM上からセキュアに利用可能にする独自の発想で、すでに多くの企業のワークスタイル変革の力となっている。

 

ワークスタイル変革の実現に欠かせないスマートフォンやタブレット端末。こうしたスマートデバイスを業務でセキュアに利用するため、EMM(Enterprise Mobile Management)を活用することは、今や常識となりつつある。

ただ、レコモットの東郷剛氏はこう指摘する。「一体何を守るべきかが、実は意外と明確に定義されていない。世の中を見渡すと、『デバイスを守りましょう』から入っているケースが多い。しかし、『それで果たして安全性を担保できるのか』というのが私どもの問題提起だ」

 

レコモット 代表取締役 CEO 東郷剛氏
レコモット 代表取締役 CEO 東郷剛氏

 

東郷氏によると、EMMは大きく2種類に分類できる。1つはMDMベースのEMM(MDM一体型)、もう1つはMDM分離型EMM(MDM+MAM)である。

前者は、MDMとMAM、MCMの3つの要素から成り立っている。

 

MDMベースのEMM(MDM一体型)の構成要素
 MDMベースのEMM(MDM一体型)の構成要素

 

MDMはデバイスを管理するもので、リモートワイプ/ロックのほか、構成プロファイルを配布したり、OSやアプリのバージョンをチェックするなどの機能を備える。

MAMは大きく2つの機能を持つ。1つはアプリの一括配布と企業内アプリストア、もう1つはグループウェアやメール、セキュアブラウザなどのクライアントとしての機能である。後者はコンテナ化されており、コンテナの中は暗号化されているのでセキュアである。

MCMは、ドキュメントの配布/共有、アクセス・編集権限や時限性ポリシーの管理が主な機能である。

こうしたMDM一体型EMMは、MDMから発展したものだ。そのため、「少なくともMDMは必須で、MAMやMCMを単独で導入することはできない」(東郷氏)。

スペシャルトピックスPR

スマートバリュー201612
ソフトバンク201612
softbank201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます