企業ネットワーク最前線

グーグル主導のIoT無線「Thread」は、3つの強みでスマートホームの主役を狙う

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.11.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

新しいIoT無線規格「Thread」がついに登場する。「IPメッシュネットワークの完成度」「他のIoT規格との融合」「ネストのプラットフォーム」の3つを強みに、スマートホーム市場の主役の座を狙っている。

 

グーグルを擁するアルファベット傘下のネスト・ラボ(Nest Labs)が推進するIoT無線規格「Thread(スレッド)」の展開がいよいよ本格化する。推進団体のThreadグループが策定した技術仕様に準拠した初の認証製品が今秋から市場に投入されるのだ。

「2016年中に200種類近くの製品が認証を取得すると言われている。これだけ短期間で立ち上がってきた無線規格は聞いたことがない」。こう語るのは、Threadグループの創設メンバーの1社である半導体ベンダー、シリコン・ラボラトリーズ(以下シリコンラボ)の水谷章成氏だ。

 

シリコン・ラボラトリーズ(日本法人)代表取締役社長の深田学氏(左)とloTスペシャリストの水谷章成氏
シリコン・ラボラトリーズ(日本法人)代表取締役社長の深田学氏(左)とloTスペシャリストの水谷章成氏


IPでメッシュ通信を実現Threadは、家の中の様々な機器をネットワークに接続して効率的で快適な生活を実現する「スマートホーム」向けに作られた無線規格だ。

スマートホームで用いられる無線技術の1つに家庭にも広く普及しているWi-Fiがある。しかし、消費電力が大きいWi-Fiは、電池で長時間の稼働が求められるセンサーなどには適用しにくい。そこで米国では、省電力性に優れるZigBeeやZ-Waveがセンサーや照明の制御などに利用されるようになっている。ただし、スマートホーム向けの無線技術として見た場合、ZigBeeやZ-Waveには欠点もある。IP(インターネットプロトコル)をサポートしておらず、インターネットやLANと接続するには、ゲートウェイでプロトコル変換を行う必要がある点だ。なお、ZigBeeにはIPベースのZigBee IPもあるが、機能的に十分とは言えず、あまり普及していない。

Threadは、物理層/MAC層にZigBeeと同じ「IEEE802.15.4(以下「15.4」と表記)」を用い、その上位層(ネットワーク層/トランスポート層)にIP通信機能を実装することで、高い省電力性とインターネット/LANとのシームレスな通信を両立させたものだ(図表1)。

 


図表1 アプリケーションに依存しないThread
図表1 アプリケーションに依存しないThread

 

ZigBeeと同様、バケツリレー式で端末同士をつなぐことで遠距離伝送を可能にしており、障害が発生した際に自動で別経路に迂回するメッシュネットワークを構成できる。ただ、経路設定をIPで行っていることがZigBeeとの大きな違いとなる。IPv6に対応しており、1つの端末に複数のアドレスを割り当てることも可能だ。

ZigBeeの場合、IP変換が必要なのでIP網と接続するゲートウェイは1カ所に集約する必要があるが、IPベースのThreadにはこうした制約がなく、接続点となるボーダールーターを複数設置して障害に強いネットワークを実現できる。

スマートフォンやPCには現在、「15.4」対応の無線モジュールが搭載されていないので、Threadのデバイスとは直接通信することはできないが、ボーダールーターでWi-FiをサポートすることによりスマートフォンやPCとの通信を可能にすることが想定されている(図表2)。

 


図表2 Threadの基本的なネットワーク構成
図表2 Threadの基本的なネットワーク構成

 

なお、Threadは、主に2.4GHz帯で運用され、通信速度は250kbpsとなる。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1711
hpearuba1711
watchguard1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます