ビジネス・企業

ロボット活用で生産性を2倍に!――東京電力が技術戦略説明会を開催

文◎business network.jp編集部 2016.10.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

東京電力は2016年10月12日、技術戦略の説明会を開催し、事業のデジタライゼーションを進める全社戦略のもと、ロボットやAI、IoTを活用して、生産性倍増を目標に技術開発を進めていくと明らかにした。


東京電力は、今年から燃料・火力発電事業の「フュエル&パワー」、送配電事業の「パワーグリッド」、電気小売事業の「エナジーパートナー」の3社に分社化している。研究開発を担当する「経営技術戦略研究所」は昨年設置され、グループの経営戦略・技術戦略に関する調査・研究をはじめ、エネルギー政策に関する分析・提言なども幅広く行っている。

経営技術戦略研究所長を務める、東京電力ホールデングス常務執行役の岡本浩氏は、「発電設備から送配電設備を経て、お客様に送り届ける3領域の連携をとりながら、抜本的なデジタル化を進めていく」と方向性を述べたうえで、IoT、AI、ビッグデータなどの技術を積極的に活用し、業務の効率化を進めるとともに新たな顧客価値を作り出していくと述べた。

そして、「ロボットやAI、IoTなどの新しい技術を活用することで生産性を2倍に高めたい」と目標を明らかにした。

東京電力ホールデングス常務執行役の岡本浩氏

原発ロボットを公開技術戦略説明会では、取り組みの幾つかが紹介された。

1つは「スマートフォンロボット」。事故後の福島原発において現場調査に使われたものと同タイプで、がれきや段差を乗り越えて、狭隘部での現場状況を撮影、報告する。Wi-Fiでコントロールしており、放射線量が高いエリアでも社員の操作で的確に動く。

スマートフォンロボット

他にも、福島原発での事故対策用に、配管点検ロボットや高所調査用ロボットなど、多様なロボットが次々と開発されている。

原子力向けロボットの開発実績

また、送変電分野でも、ICTやロボット技術を活用した業務省力化や設備管理の開発が進んでいる。

特に送電線を支える鉄塔の維持・メンテナンス作業など、電力土木設備の点検は膨大な労力と安全管理が必要となるが、この領域でロボットやAI技術を活用する取り組みも紹介された。

鋼管内部の金属腐食部分を判定するには、人間の目視だと限界がある。しかし、内視鏡画像を機械学習で自動判定するのは実用可能レベルに達しており、劣化判定の自動化や効率化を進めていくという。それにより、これまで5~6日かかっていた鉄塔の点検作業が、1~2日に短縮できるという。

また、実験中のスマートハウスでは、電力マネジメントや朝を快適に迎えるためのサービスの開発状況が公開された。電気自動車の充電、蓄電などの実験も進められているという。

実験中のスマートハウスでは、電気自動車を充電・蓄電する実験も行われている

スペシャルトピックスPR

macnica1705
arbor1705
checkpoint1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Abanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe0523
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます