ニュース

衛星回線を活用する登山者向け「コンパス山岳Wi-Fi」にフルノシステムズの無線LAN AP

文◎business network.jp編集部 2016.10.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

フルノシステムズは2016年10月7日、衛星回線を活用して提供されている公衆山岳Wi-Fiサービス「コンパス山岳Wi-Fi」において、同社が無線LANアクセスポイントを提供したと発表した。

コンパス山岳Wi-Fiは、槍ヶ岳・穂高で2016年8月から提供開始された、スカパーJSATの衛星回線を使用する公衆Wi-Fiサービス。日本山岳ガイド協会とインフカムが運営・管理する山岳情報ネットワーク「山と自然ネットワーク・コンパス」(以下、コンパス)を利用する登山者向けに提供されている。山岳エリアでのスマートフォン利用者需要に対応するほか、山岳事故遭難対策のインフラ整備が目的だ。

山小屋などに設置したWi-Fiスポットのエリア内において、登山者はスマホやタブレットを山岳Wi-Fi「sangakuwifi」に接続し、コンパスの課金ページより利用申し込みを行えば、衛星回線経由でインターネットに入れる。これにより、登山者は山小屋から山岳エリア外にいる人とFacebookやTwitter、メールでコミュニケーションを取れる。



将来的には山小屋周辺に設置したWi-Fiを利用し、登山届との連動、登山エリアでの緊急連絡、現在地の確認などができるようにするという。

今回フルノシステムズが提供したアクセスポイントは「ACERA 810」で、5つの山小屋(槍ヶ岳山荘、槍沢小屋、涸沢小屋、横尾山荘、燕山荘)に設置されている。1台のアクセスポイントで200台以上の端末を同時接続可能。多拠点に設置されたアクセスポイントは、無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」で遠隔・集中管理でき、現場のWi-Fi状況を監視してアクセス状況をリアルタイムに把握可能だという。

なお、コンパスの利用料金は、1日利用が500円(税別、以下同)、3日利用が1000円、1週間利用が1500円となる。

スペシャルトピックスPR

ソフトバンク201612
softbank201701
panasonic201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ICT業界 未来予測2017
         10の変革シナリオ

 LPWAでスマートシティ元年 / IoTが“シェアリング”を加速
 社会基盤を「人質」に身代金 / モバイルで進む放送と通信の融合
 ビデオがX-Techの名脇役 / PBX業界のデジタル破壊始まる   他

【インタビュー】総務省 総合通信基盤局長 富永昌彦氏<MVNOの接続料をさらに低廉化 つながるクルマがIoTの“先兵”>

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot08
ngn2016
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます