ニュース

鬼怒川でドローン検証実験、Web会議と連携してリアルタイム映像で防災対策

文◎business network.jp編集部 2016.10.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

水害時の防災訓練にドローンを活用する検証実験が、1カ月前の9月5日に鬼怒川で行われた。筑波大学と茨城県常総市、国土交通省国土地理院のほか、業務用ドローンソリューションを提供するブイキューブロボティクス・ジャパンも検証実験に参画した。

今回の実験で検証したかった内容は、「ドローンが撮影した現場映像のリアルタイム共有が、行政機関による避難の呼びかけや防災対応の適切な実施において有効な手段となるか」ということ。

これまで、ドローン単体では、現場から離れた災害対策本部へ現場映像をリアルタイムに共有することは難しかったという。そこで今回の実験では、ドローンをブイキューブのWeb会議サービスと連携させ、対策本部にWeb会議画面を映し出すモニターを設置した。

ドローン操縦者は、Web会議サービス経由で対策本部から操作指示などを受けながら、ドローンの映像をリアルタイムに本部へ伝送。Web会議のモニターに映し出される現場映像をもとに、常総市の市長、職員、消防、警察などが対策会議を行い、スムーズな対策案の立案に役立つか確認したという。

ドローンが飛行する河川敷(左)と、対策本部の様子(右)

スペシャルトピックスPR

ゼンハイザー201612
ソナス201612
スマートバリュー201612

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTでつくろう! 新しいニッポン
     医療費、介護、少子化、自然災害、地方創生、
     インフラ老朽化、技能継承、シェアリングエコノミー

●[インタビュー]NEC 執行役員 兼 IoT戦略室長 望月康則氏
●[無線LAN最新動向]11ac Wave2の性能を引き出すコツ 
●[商品特集]大台突破目前のIP監視カメラ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ibm20170222
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます