導入ガイド

成功する!工場のIoT化――インダストリー4.0に向けた「無線通信」の選び方

文◎唐島明子(編集部) 2016.09.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

工場では有線より無線が好まれる。しかし、オフィスとは異なり、工場は様々な機械や周辺環境に囲まれており、無線化は一筋縄ではいかない。それでは工場の無線化を成功させるポイントはどこにあるのだろうか。

 

日本の製造現場にも、IoTの波が押し寄せている。

工場のIoT化を進める上で、コネクティビティの基盤となる通信環境の整備は欠かせない。そんな中、関心を集めているのが、情報通信研究機構(NICT) ワイヤレスシステム研究室 主任研究員の板谷聡子氏による研究だ。「工場の無線化に関する問い合わせは多く、打ち合わせすら待っていただいている状況」(板谷氏)だという。

同氏は、「無線通信の進化を見据えた上で、通信技術をどう工場に取り込み、管理するか」をテーマに、2014年1月から研究活動を開始。現在「FLEXIBLE FACTORY PROJECT」という名称で、民間企業から集まった約20名の協力研究員とともに工場の無線化に取り組んでいる。

 

 

情報通信研究機構(NICT)  板谷聡子氏
情報通信研究機構(NICT) ワイヤレスネットワーク総合研究センター ワイヤレスシステム研究室 主任研究員 理学博士 板谷聡子氏


工場管理者は“無線”に期待「工場の管理者が現場で利用したい通信手段は、有線よりも無線」(板谷氏)。工場というと、信頼性がより高そうな有線が好まれるイメージもあるが、実は違うという。

それには大きく2つの理由がある。1つは、製造ラインの組み換えを容易に行えるようにしたいためだ。近年、工場で製造する製品が変わるサイクルは短くなっており、製造ラインを頻繁に組み換えたいというニーズは高まっている。無線通信であれば有線通信と違ってケーブルを引き直す必要はなく、製造ラインを組み換え易くなる。

もう1つの理由として、有線は物理的にケーブルが切れることが挙げられる。数多くのケーブルが這い回る工場内において断線してしまうと、どこが切れているか特定するのは難しく、復旧に時間がかかる。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ゼンハイザー201701
unisys201702
nissho201702

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます