導入ガイド

ホワイトボックススイッチ特集【最終回】

“明るい箱”で打倒シスコ!ホワイトボックススイッチがネットワーク業界に与える影響

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.09.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

新たに勃興したホワイトボックススイッチ市場には、ODMメーカーや新興企業に加え、既存のネットワーク機器ベンダーも次々と参入してきている。それとともに、ホワイトボックススイッチの提供形態も変わってきた。業界全体の動きとともに整理しよう。

 

ホワイトボックススイッチは元来、ハードとOSをユーザーが自分で選んで調達し、組み合わせて使うものだが、それでは使いこなせるユーザーが限られる。そこで、SIerがユーザーの要望に応じてこれらを組み合わせて販売したり、ホワイトボックススイッチやOSの提供ベンダーが提携し、OS搭載済みのホワイトボックススイッチを提供する形が主流となってきている。

例を挙げると、国内では伊藤忠テクノソリューションズがいち早く、2014年からCumulus LinuxとPenguin Computing等のホワイトボックススイッチを組み合わせて提供している。

また、ベンダーの提携に関しても、例えばIP Infusionは、Agema SystemsやEdgecore Networks、Interface Masters、デルとパートナーを組んでOcNOSを提供している。反対に、Accton Technologyの子会社であるEdgecore NetworksやHPも、Cumulus Linux、PicOSなどのOSを搭載可能にして、ユーザーのニーズに応えている。

ブライトボックスを戦略の柱にこのように、国内でも販売体制が整ってきているホワイトボックススイッチだが、そうした中、注目すべき動きが出てきている。“明るい箱”を意味するブライトボックススイッチだ。

これは、ホワイトボックススイッチの新たなカテゴリとしてデルやHP、Edgecore Networks/Accton Technology等が提唱しているもので、ホワイトボックススイッチとOSを組み合わせて提供するのに加え、そこにデルやHPのサポートを組み合わせることで、ユーザーがより使いやすい形でホワイトボックススイッチを提供するのが狙いだ。ホワイトボックススイッチのコスト競争力や拡張性・柔軟性を活かしつつ、ユーザーは、グローバルに販売・サポート網を持つベンダーのバックアップが受けられる。

日本HPでネットワーク事業統括本部・技術統括本部・本部長を務める佐藤重雄氏は、「日本を含むアジアの複数のユーザーとすでに話を進めているが、日本のお客様は特にクオリティアシュアランスを求める。『品質向上の取り組みをきちんと進めてくれるのか』というその要求にきちんと応えられることは我々の最大の強みで、SIerにも、ハードウェアだけのベンダーにもできないこと」と話す。

HPはHPE Altolineを販売する一方、オープンソースOSの「OpenSwitch」の開発も主導してきた。今後はホワイトボックススイッチを、データセンター向け戦略の軸に据える方針だ(図表)。

 


図表 HPのクラウドデータセンターネットワーク戦略
図表 HPのクラウドデータセンターネットワーク戦略

 

そのための準備も着々と進んでいる。すでに1GEから100GEまでラインナップを揃えるHPE Altolineスイッチをさらに拡充。また、OpenSwitchをベースとした新OS「クラウドネットワークOS」も近々リリース予定だ。現在、国内 の販売体制を構築中で、今年8月以降には「既存のHP製品と同じように当社のパートナーが取り扱える状態になる」という。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

unisys201702
nissho201702
ゼンハイザー201612

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ibm20170222
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます