調査データ

IoT利用率は大手製造業を中心として着実に向上

文◎business network.jp編集部 2016.09.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

大手製造業を中心に、日本でもIoTの利用率が着実に向上しているようだ。

IDC Japanが2016年9月13日に発表した「国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果」によれば、国内企業のIoT利用率は5.4%となり、前年の調査から0.5ポイント増えた。また製造業以外の産業分野でも、IoTに対する認知度は高まっているという。

同調査は、IoT利用企業の産業分野を、①製造/資源セクター、②公共/インフラセクター、③金融セクター、③流通/サービスセクターの4つに分類している。

セクター別に見た場合、IoTの利用率が最も高いのは①製造/資源セクターで、利用率は8.5%。組立製造やプロセス製造分野を中心に、古くからさまざまな組込機器が活用されてきたことが関係しているという。製造/資源セクター以外の利用率は、②公共/インフラセクターが4.0%、③金融セクターが3.5%、④流通/サービスセクターが3.2%となった。

利用用途別では、M2M(Machine to Machine)時代の名残りとして、自社内の効率化/コスト削減を目的とした「社内用途」のIoTが全体の8割以上を占めた。一方、社外顧客へのサービス付加価値向上/新ビジネス創出を目的とする「社外用途」も徐々に広がりつつある。

また、IoTの導入・運用窓口については、事業部門の割合は約46%で、IT部門の約32%を上回る結果になったという。事業部門が主体となりIoTビジネスを加速するのに伴い、各産業分野に強みを持つ非IT事業者と企業の事業部門が密に連携し、新たなIoTのユースケースを創出するようなケースが増えるとIDCは見ている。

2016年の企業のIoT利用率(2015年との比較)

Notes:
・左が今回の調査結果(n=4,517)。右が2015年8月に発表した調査結果(n=6,906)
・国内における従業員100名以上の企業が対象
・Webアンケートにて「IoTを利用している」と回答した企業のうち、Webアンケートの自由記述欄に記載された、IoTの具体的な利用内容がIDCの定義するIoTと合致している企業を「IoT利用企業」と定義している
・本調査ではこうした厳格なフィルタリングを実施しているため、企業の実際のIoT利用率よりは少ない数字で利用率が算出されていると想定している。その一方で、こうした厳しい基準を設けているがゆえに、IoTを実際に利用している企業の産業分野別の利用動向や利用用途の傾向を正確に把握することが可能になっているとみている
・ビルの空調管理やテレマティクスなど、全ての産業分野に共通して使われる単純用途のIoTのユースケースはここでは除外

スペシャルトピックスPR

nec1711
hpearuba1711
watchguard1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます