キーパーソンが語る

モバイル市場に挑むブロケードの勝機「仮想化がベンダーロックを突き崩す」

構成◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.09.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

米ブロケードが、SDN/NFVを軸としたモバイルインフラ事業に本腰を入れてきた。データセンター向け事業のノウハウを活かしモバイルエッジコンピューティングなどの新分野にも挑戦する。同社モビリティ&モバイル・ネットワーク担当CTOのケビン・シャッツケーマ氏に話を聞いた。

 

――今年1月、昨年買収した米コネクテム(Connectem)のvEPC(仮想化モバイルコア)製品を軸に、モバイルインフラ市場に参入しました。

シャッツケーマ ブロケードは、デルやEMCなどとの協業により、ファイバーチャネルを中心としたソリューションをデータセンターや企業向けに展開してきました。こうした我々のパートナーも近年、NFVに取り組んでおり、新しいビジネスを一緒に育てていけるのではないかと考えたことが、モバイルインフラ市場に参入した動機の1つです。

また、NFVでは、既存の通信事業者向けベンダーが従来展開してきたものとは根本的に異なるアプローチが必要とされます。この点がブロケードの強力な武器になると考えたことが、最大の動機といえるでしょう。

――根本的に異なるアプローチとは何ですか。

シャッツケーマ 大きく2つのポイントがあると思います。1つは、vEPCをはじめとするVNF(仮想ネットワーク機能)などを最初から仮想化環境を前提に開発していることです。これにより、ハードウェアの効率的な利用や、需要に応じて規模を柔軟に変化させるスケーラビリティを実現しています。これらが、ハードウェアベースのネットワーク機器の機能を単にソフトウェア化して提供していることが多い既存ベンダーに対する大きな差別化ポイントになっています。テレフォニカとの実証実験でも、我々のvEPCやvCPE(仮想構内機器)のスケーラビリティが特に評価されました。

もう1つは、オープンスタンダードに準拠する形で製品開発しており、通信事業者や他のITベンダーが構築する多様なプラットフォームに容易に導入できる点です。

米AT&Tが昨年から進めているvCPEシステムの構築に、当社のSDNコントローラや仮想アクセスルーターなどが採用されているのですが、これらの点が評価されたと考えています。

――すでに大手通信事業者の商用環境にも採用されているのですね。


シャッツケーマ SDN/NFVの登場を機に、通信事業者の意識が変わってきているのだと思います。通信インフラ市場はここ20年間ほどベンダー主導で展開されてきており、特定のベンダーの製品に過度に依存する「ベンダーロックイン」の弊害も生じていました。そこで今、通信事業者の側にネットワーク設計の自由度を取り戻そうとする機運が高まっています。

SDN/NFVを活用してネットワークを再構築しようとする米AT&Tの「Domain2.0」プロジェクトはその典型といえるでしょう。こうした動きが広がれば、新規参入のベンダーがキープレイヤーとして通信事業者向けビジネスを展開できるようになると思います。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1704
caso1704
watchguard1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます