導入ガイド

ホワイトボックススイッチ特集【第1回】

「ホワイトボックススイッチ」とは何か?――知らないではもう済まないネットワーク業界の一大変革

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.08.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ハードウェアとソフトウェアを分離し、必要な機能・性能を自由に組み合わせられるようにするホワイトボックススイッチ。巨大データセンターで始まったこの新たな流れがネットワーク業界を変えようとしている。

 

北米を中心に、クラウド事業者や通信事業者がホワイトボックススイッチ(White Box Switch)を採用する動きが進んでいる。

ホワイトボックススイッチとは、ネットワークOSやアプリケーションを搭載していないスイッチのことだ。

従来のネットワーク機器は、ソフトウェアとハードウェアが一体として提供されてきた。そのため、ユーザーが勝手にソフトウェア機能を追加することはできなかった。これに対しホワイトボックススイッチは、ハードとソフトが分離されており、必要な機能を持つOS/ソフトをユーザーが選んで搭載したり、追加したり、入れ替えることができる(図表1)。サーバーと同じように、ハード/ソフトの自由な組み合わせが可能になるのだ。

 


図表1 従来型スイッチとホワイトボックススイッチの比較
図表1 従来型スイッチとホワイトボックススイッチの比較


 

このホワイトボックススイッチは具体的にどのように使えるのか。また、そのメリットとデメリットは何か。それを理解するにはまず、ホワイトボックススイッチが登場した背景を押さえると分かりやすい。

なお、“白い箱”の呼び名は、シスコシステムズをはじめとするネットワーク機器ベンダーが提供する従来型スイッチ(ブラックボックスと呼ばれる)と区別したものだ。OS等が入っていないまっさらな状態のコンピュータを意味する“ベアメタル”スイッチとも呼ばれるが、本稿ではホワイトボックススイッチと総称することにする。

超巨大データセンターのニーズが発端ホワイトボックススイッチ登場の背景として「ネットワークのコモディティ化」を指摘するのは、NTTソフトウェアイノベーションセンタの石田渉氏(分散処理基盤技術プロジェクト)だ。ネットワークにおけるオープンソース活用を主な研究テーマとする同氏は、ホワイトボックススイッチを巡るこれまでの動きについて次のように語る。

「GoogleやFacebook、Microsoft等のOTT(Over the Top)がネットワーク機器をオープン化し、自分たちでソフトを組み立てて好きなように使うということは以前から行われてきた。その動きがやっと一般の人にもホワイトボックススイッチとして明らかになってきた。通信事業者もこの流れに取り残されないよう、ネットワークのオープン化に向けて動いている」

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

citrix1704
microsoft1705
recomot1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Abanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe0523
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます