キーパーソンが語る

アライドテレシス川北専務「企業NW市場の潮目が変わった。2つのSDNに間違いない手応え」

聞き手◎太田智晴(編集部) 2016.09.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

アライドテレシス 専務取締役
川北 潤氏

クラウド化の加速を背景に、好調が続くデータセンター向けネットワーク市場。その陰で苦境を余儀なくされているのが、オフィスなど一般企業向けのネットワーク市場だ。しかし、アライドテレシスの川北専務は、「潮目は変わり始めた」と話す。IoT時代に向かって変化する企業ネットワーク市場と「2つのSDN」を軸とした同社の戦略について語ってもらった。

 

――クラウドの普及が、企業ネットワーク市場にも多大な影響を与えています。

川北 ある業界最大手のネットワーク機器ベンダーの決算報告書を読むと、データセンター向けの売上は14%も伸びているのに、全体の売上は横ばいでした。

当社ではデータセンター市場を「NorthSIDE」、エンタープライズ市場を「SouthSIDE」と呼んでいますが、両者の市場規模を比べると6:4、下手すると7:3の割合でNorthSIDEのほうが大きいと思います。その規模の大きいNorthSIDEが14%伸びているのですから、SouthSIDEの売上がよほど足を引っ張らないと、全体が横ばいにはなりません。

――クラウド化が進展するなか、エンタープライズ市場は非常に苦しい状況にあるということですね。まさにその苦しいSouthSIDEを軸に事業を展開しているのがアライドテレシスですが、最近の業績は2期連続で経常利益が赤字でした。やはりクラウドの影響は甚大でしたか。

川北 サーバーがデータセンターへ移行してしまえば、当然、SouthSIDEのネットワーク機器の需要は減ります。我々がどれほどの苦労を強いられてきたか。

また、無線化の影響も大きかったです。当社も無線LANソリューションは提供していますが、無線LANアクセスポイントは安価なので、全体の売上は下がります。

――この逆風をどう乗り越えますか。

川北 クラウドのビジネスで誰が最終的に勝つかというと、最も資本力があるプレイヤーです。スケールメリットを出せないプレイヤーは勝てません。データセンター向けビジネスには乗り遅れましたが、そもそも我々くらいの規模の会社が勝てたかというと少し疑問です。

では、どうするか。アライドテレシスはSouthSIDEで勝負していくしかありません。ただし、他社と変わらないものを売るのでは、お客様はより安いほうに流れるだけ。NorthSIDEと同様、規模の勝負になるため差別化できません。個々のお客様の要望を聞き、その目的に応じたネットワークを提案・設計する“ネットワークのプロフェッショナル”の部分で勝負していくほかありません。

――価格勝負はせず、付加価値で勝負していくと。

川北 その通りです。ソリューションのストーリーをしっかり作り、SouthSIDEに売り込んでいくことが必要です。そこで生まれた発想が「SouthSIDE SDN」でした。エンタープライズネットワークに最適な2つのSDNソリューションを提供しています。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

川北潤(かわきた じゅん)氏

1959年、東京生まれ。84年、中央大学を卒業後、85年に米国のLANメーカーUngermann-Bassの日本法人であるアンガマン・バスに入社。89年、Ungermann-Bassと三菱商事の合弁会社として発足したネットワンシステムズに移籍。営業マネージャとして、東証一部上場に向けた基盤づくりに貢献。94年にはMVP(現・セイムクリック)を設立し、代表取締役に就任(現任)。2014年にアライドテレシスの取締役に就任し、同社のSDN事業をリードする。著書に『ネットデフレ〜IT社会が生み出した負のスパイラル〜』(マイコミ新書)

スペシャルトピックスPR

watchguard1704
necpf1704
citrix1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ウォッチガード

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます