キーパーソンが語る

総務省 渡辺電波部長インタビュー「5Gには日本の産業構造を変えられる可能性がある」

聞き手◎太田智晴(編集部) 2016.08.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

総務省 総合通信基盤局 電波部長
渡辺克也氏

日本は5G時代をリードすることができるのか――。5Gをめぐる動きが世界各地で活発になるなか、総務省の「電波政策2020懇談会」が2020年、そしてさらにその先に向けた日本の目指すべき方向性をとりまとめた。一体どんな5G戦略をもって世界で戦っていくのか、総務省の渡辺電波部長に聞いた。

 

――「電波政策2020懇談会」の報告書がまとまりました。IoTやAIといった新技術の台頭を背景に、2020年に向けて5Gの動きが世界的に活発になっていますが、どんな方向性が打ち出されたのですか。

渡辺 4Gまでの世界は、ブロードバンドを軸に展開してきたと言えます。高速のブロードバンド環境をとにかく作っていけば、新しいサービスが生まれるという世界でした。

では、5Gはどうなるのか。ブロードバンドは1つの軸であり続けますが、4Gまでとは異なる新しい世界も広がります。多数同時接続や超低遅延も主要な要件となっている5Gには、IoT向けネットワークとしての新規性があるわけで、コネクテッドカーやロボットなど、当然そこには新たな市場が考えられます。

BtoCが中心だったブロードバンド市場とは異なり、IoTではBtoBの市場もしっかり作っていくことが必要です。実際、欧州ではすでに(1)自動車、(2)工場・製造、(3)エネルギー、(4)医療・健康、(5)メディア・エンターテイメントの5分野を5Gの新市場と位置付け、EU全体での研究開発や標準化活動をスタートさせています。

我が国でも、こうしたIoTの世界も睨んだ新しい市場作りに取り組まなければなりません。

総務省 渡辺電波部長 


「5G新市場」を9分野で創出――そこで電波政策2020懇談会では、欧州の5分野に対して、9つの注力分野が設定されました。

渡辺 (1)スポーツ(フィットネス等)、(2)エンターテインメント(ゲーム、観光等)、(3)オフィス/ワークプレイス、(4)医療(健康、介護)、(5)スマートハウス/ライフ(日用品、通信等)、(6)小売り(金融、決済)、(7)農林水産業、(8)スマートシティ/スマートエリア、(9)交通(移動、物流等)です。

――「オフィス/ワークプレイス」に「工場・製造」が入るなど、区分や表現は異なりますが、欧州の5分野すべてを包含したうえで、さらに多くの分野をカバーしました。

渡辺 欧州への対抗意識がなかったとは言いません。しかし、それよりも、日本の産業特性や産業構造を考慮したうえで、この9分野が選ばれました。

例えば日本では今後、労働人口が大きく減少します。「農林水産業」や「スマートシティ/スマートエリア」に含まれる建設業などでは、人材の確保が大きな課題となりますが、電波の利活用によって、より効率的な産業構造に変えられる可能性があります。

「スポーツ」はもちろん、東京オリンピック・パラリンピックを見据えたものです。「小売り」も欧州の5分野にはないサービスエリアですが、これは金融関係、スマートフォンなどを使った決済などが今後さらに発展することを予想して選んでいます。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

渡辺克也(わたなべ・かつや)氏

1961年生まれ。1984年、慶應義塾大学工学部電気工学科を卒業後、郵政省(現・総務省)に入省。電気通信局電波部マルチメディア移動通信推進室長、情報通信政策局研究推進室長、通信総合研究所主管、情報通信研究機構統括、総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課長、電波部移動通信課長、電波政策課長、情報通信国際戦略局情報通信政策課長などを歴任。大臣官房審議官(情報流通行政局担当)を経て、2015年7月に電波部長に就任。現在に至る

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます