キーパーソンが語る

NFVの世界動向「通信キャリアの商用導入が3分野で拡大している」

構成◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.08.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

通信事業者によるNFVの導入が商用段階に入ってきた。この分野に力を入れているヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)の通信事業部門、コミュニケーションズ&メディアソリューションズ(CMS)のCTOを務めるジェフ・エドルンド氏にNFVの世界動向を尋ねた。

 

――3月にNTTドコモがNFV(Network Functions Virtualization)によるコアネットワーク(vEPC)の運用を開始しました。通信事業者によるNFVの商用導入の動きは世界的に広がってきているのでしょうか。

エドルンド そう考えていいと思います。すでに私どもに対する通信事業者からのRFP(提案依頼書)にはNFVが必須条件として入るようになっています。NFV関連の見込み案件数はこの1年で10倍になり、実際に商用化につながるケースも多くなっています。その1つが、今年2月に発表したスイスの大手通信事業者スイスコムによるvCPE(仮想化顧客構内設備)の事例です。

CPEは企業が社内ネットワークを構築する際に必要となるファイヤーウォールやルーターなどの機能をサービスとして回線とともに提供するものですが、NFVやSDN(Software Defined Networking)を活用することでコストを引き下げ、これまでリーチできなかった中堅中小企業向けに非常に柔軟性の高いサービスを提供できます。仮想化技術を活用することで新しい分野のビジネスに取り組めるようになるのです。

――すでに、実証試験(PoC)ではなく商用ベースでNFVが導入されるようになっていると。

エドルンド そうです。NFVの商用導入は、3つの分野を中心に広がってきています。最も多いのがvEPC、次にvCPE、3つ目が仮想化されたIoTプラットフォームです。IoTプラットフォームは多くの通信事業者がvCPEと組み合わせて導入しています。既存ネットワークと分けてIoT用のネットワークを新たに構築しようというのです。これをMVNOに提供することで市場を切り開こうとする事業者もでてきています。

PoCも1~2年位前までは技術を理解することに主眼が置かれていましたが、最近ではPoCを通じて、自らが想定しているソリューションの検証を行おうといったものが中心になっています。

――NFVを商用化しようという事業者はやはり大手が中心なのですか。

エドルンド 準大手、中堅規模の通信事業者の導入事例も多く、我々はこの部分から導入が始まると見ていたのですが、最近Tier1と呼ばれる大手の通信事業者が本格的にNFVに取り組むようになってきました。春に発表されたAT&TのECOMP(Enhanced Global Control Orchestration Management Policy)が典型です。このプロジェクトはNFV/SDNでネットワークを再構築しようというもので、300名以上の開発者を投入して18カ月で800万行以上のNFVのコードを書き上げています。こうした取り組みは、大手以外にはできないのではないでしょうか。ECOMPではオープンソースを最大限に活用することで早期にNFV/SDNへの移行を果たそうとしています。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1704
caso1704
watchguard1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます