キーパーソンが語る

NFVの世界動向「通信キャリアの商用導入が3分野で拡大している」

構成◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.08.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

通信事業者によるNFVの導入が商用段階に入ってきた。この分野に力を入れているヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)の通信事業部門、コミュニケーションズ&メディアソリューションズ(CMS)のCTOを務めるジェフ・エドルンド氏にNFVの世界動向を尋ねた。

 

――3月にNTTドコモがNFV(Network Functions Virtualization)によるコアネットワーク(vEPC)の運用を開始しました。通信事業者によるNFVの商用導入の動きは世界的に広がってきているのでしょうか。

エドルンド そう考えていいと思います。すでに私どもに対する通信事業者からのRFP(提案依頼書)にはNFVが必須条件として入るようになっています。NFV関連の見込み案件数はこの1年で10倍になり、実際に商用化につながるケースも多くなっています。その1つが、今年2月に発表したスイスの大手通信事業者スイスコムによるvCPE(仮想化顧客構内設備)の事例です。

CPEは企業が社内ネットワークを構築する際に必要となるファイヤーウォールやルーターなどの機能をサービスとして回線とともに提供するものですが、NFVやSDN(Software Defined Networking)を活用することでコストを引き下げ、これまでリーチできなかった中堅中小企業向けに非常に柔軟性の高いサービスを提供できます。仮想化技術を活用することで新しい分野のビジネスに取り組めるようになるのです。

――すでに、実証試験(PoC)ではなく商用ベースでNFVが導入されるようになっていると。

エドルンド そうです。NFVの商用導入は、3つの分野を中心に広がってきています。最も多いのがvEPC、次にvCPE、3つ目が仮想化されたIoTプラットフォームです。IoTプラットフォームは多くの通信事業者がvCPEと組み合わせて導入しています。既存ネットワークと分けてIoT用のネットワークを新たに構築しようというのです。これをMVNOに提供することで市場を切り開こうとする事業者もでてきています。

PoCも1~2年位前までは技術を理解することに主眼が置かれていましたが、最近ではPoCを通じて、自らが想定しているソリューションの検証を行おうといったものが中心になっています。

――NFVを商用化しようという事業者はやはり大手が中心なのですか。

エドルンド 準大手、中堅規模の通信事業者の導入事例も多く、我々はこの部分から導入が始まると見ていたのですが、最近Tier1と呼ばれる大手の通信事業者が本格的にNFVに取り組むようになってきました。春に発表されたAT&TのECOMP(Enhanced Global Control Orchestration Management Policy)が典型です。このプロジェクトはNFV/SDNでネットワークを再構築しようというもので、300名以上の開発者を投入して18カ月で800万行以上のNFVのコードを書き上げています。こうした取り組みは、大手以外にはできないのではないでしょうか。ECOMPではオープンソースを最大限に活用することで早期にNFV/SDNへの移行を果たそうとしています。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

softbank201701
panasonic201701
nttsoft201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます