調査データ

国内IoTは限定的導入のステージ――阻害要因は技術乱立や見えにくい費用対効果

文◎business network.jp編集部 2016.08.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japanは、国内のIoTユーザー企業に対してIoTの取り組み状況について調査し、成熟度を分析した結果を発表した。それによれば、国内ユーザー企業の47.9%が「限定的導入」の段階であり、組織全体のビジネス基盤として活用している企業はまだ少ないことが明らかになった。

同社は、IoTを含めたIT環境の導入状況を5段階で評価している。5段階はそれぞれ、ステージ0が未導入、ステージ1が個人依存、ステージ2が限定的導入、ステージ3が標準基盤化、ステージ4が定量的管理、ステージ5が継続的革新となっている。

今回の調査では、国内IoTユーザー企業においてはステージ1の企業が2.8%、ステージ2の企業が47.9%、ステージ3が36.1%、ステージ4が12.6%、ステージ5が0.6%だった。この傾向を米国の調査結果と比較した場合、日本企業の限定的導入の割合は15ポイント程度高い一方で、継続的革新は米国企業の方が10ポイント程度低くなっている。

国内企業において、限定的導入から標準基盤化へのシフトが遅れている理由は、IoTの費用対効果が見えにくいこと、IoTに関わる技術標準が乱立しており選定が難しいこと、法規制が障壁となっていること、情報セキュリティ上の不安が払しょくできないことなどが関係しているという。

IDC Japan コミュニケーションズ マーケットアナリストの鳥巣悠太氏は、「IT技術を駆使することで、企業は単なるIoTユーザーではなく、IoTをベースとした『サービスプロバイダー』になることが可能になってきている」とした上で、「企業はIoTのサービスプロバイダー化を進めるには、ITベンダーとは顧客とサプライヤーの関係ではなく、ビジネスパートナーとして対等な関係を構築することが重要になる」と分析している。

国内IoTの成熟度ステージ分布
n=163
Source: IDC Japan, 8/2016

スペシャルトピックスPR

necpf1704
citrix1704
unisys201702

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます