ICT×未来

2020年には自動運転車が走り回る!――ソフトバンクが考えるクルマの未来

文◎唐島明子(編集部) 2016.08.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

自動運転の実現に向け、日本が官民あげて動き出している。先般開催された「SoftBank World 2016」では、ソフトバンクが2016年4月に設立した新会社「SBドライブ」の佐治社長が、自動運転をテーマに講演した。


自動運転をめぐる動きが慌ただしい――。これまで自動運転は、2030年頃を目標に実現しようと研究開発が進められてきた。しかし昨年の秋、安倍晋三首相が、「東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には、自動運転車がきっと走り回っている」「(2020年の自動運を実現するため)2017年までに制度やインフラを整備する」と宣言。

トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車など、日本の自動車メーカー各社も、2020年を目途に自動運転を実用化しようと動き出している。

しかし自動運転は、自動車メーカーだけで実現できるものではない。自動運転に不可欠な要素として、通信やAI(人工知能)などがあり、ICTベンダーによる取り組みも重要になる。

関係省庁も自動運転に積極的そうした中、ソフトバンクは2016年4月、自動運転技術の導入・運用に関するコンサルティングやサービス開発を行う新会社「SBドライブ」を設立した。東大発のベンチャー企業である先進モビリティとのジョイントベンチャーだ。


先進モビリティが中心となって車両製造を行い、SBドライブはソフトバンクグループの技術を活用してサービスを開発。交通サービスを提供する旅客事業者などへは、SBドライブが車両、サービス、通信などをトータルパッケージとして提供する

SBドライブの代表取締役社長CEOを務める佐治友基氏は、ソフトバンクグループの法人向けイベント「SoftBank World 2016」において、「ソフトバンクが考える自動運転の未来」と題した講演を行った。


SBドライブ代表取締役社長/CEOの佐治友基氏

佐治氏によれば、自動運転の関連省庁や自動運転を利用するであろうタクシー会社やバス会社などは、自動運転を好意的に捉えている。

経済産業省と国土交通省による合同ワーキンググループ「自動走行ビジネスWG」では自動運転に向けた実証や公募が行われている

例えば、通常であればガイドラインを作成して安全面から制約を加えたりする警察庁が、自動運転の実証実験を推し進めるようなガイドラインを発表しているという。その理由として、交通事故死者数の減少が、昨年ついに下げ止まってしまったことを佐治氏は挙げる。

「スピード違反による事故死は下がるところまで行きついたが、漫然運転や脇見運転など人の注意ミスは横ばい。そのような注意ミスを自動運転でカバーすることを狙っている」(佐治氏)


漫然運転や脇見運転など、人の注意ミスを自動運転でカバーできるかもしれないと考えられている
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

microsoft1705
recomot1705
qloog1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Dbanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます