キーパーソンが語る

東大 中尾教授が語る「SDN/NFVの次なる進化」

聞き手◎太田智晴(編集部) 2016.08.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

仮想ネットワークの第一人者で、日本の5G推進団体「5GMF」のネットワーク委員会委員長も務める中尾教授は、「SDN/NFVの次なる進化が始まっている」と語る。そのキーワードは、SDNとNFVの合体、5G、エッジコンピューティング、そしてデータプレーンのプログラマビリティなど。さらに広範囲にネットワークをソフトウェア化しながら、「考えるネットワーク」へと進化していく。

 

――SDNやNFVの導入が着実に進んでいますが、今後どう発展していくとお考えですか。

中尾 SDNとNFVの両方の技術を組み合わせて活用しようという話は、今どこでも議論されていますが、最近SDNとNFVを合体させ、もっと大きな変革を実現しようという動きが加速しています。

例えば、近頃流行っているホワイトボックススイッチもその動きの1つです。

――ホワイトボックススイッチとは、ネットワークOSを搭載しない汎用スイッチのことですね。従来のスイッチはソフトウェアとハードウェアが一体で販売されてきました。一方、ホワイトボックススイッチはx86サーバーと同じように、ソフトウェアとハードウェアが分離しています。

中尾 だから、自分で選択・開発したソフトウェアを入れられます。

SDNを説明する際には、アプリケーション、コントロールプレーン、データプレーンの3層モデルの図がよく使われます。この3層のうち、どこがSoftware-Definedなのかというと、コントロールプレーンから上。パケットを転送するデータプレーンは、プログラマブルではありませんでした。しかし、ソフトウェアを自由に選択・開発できるホワイトボックススイッチなら、データプレーンにもプログラマブル性が出てきます。

――汎用ハードウェア上のソフトウェアでスイッチ機能を実現するのですから、NFVとよく似ています。

中尾 「SDNとNFVはだんだん似通ってきている」というのは、多くの研究者の共通認識です。

そこで標準化の世界では、「SDNとNFVを合体して制御しよう」という話も出ているのですが、そうしたなかSDNとNFVの次の進化の方向性を示すキーワードとして使われ始めたのが「ネットワークソフトウェアライゼーション」です。

ITU-Tは、IEEEの学会「Network Softwarization」での議論を元にして、ネットワークソフトウェアライゼーションについて、「『ネットワークの機器や機能をソフトウェアプログラムによって具現化し、より柔軟かつ迅速にサービスを構築・運用していく』という通信ネットワークにおける大きな変革を意味し、全ての焦点技術に関連する重要技術」と説明しています。

SDN、NFVと言うと、単なる個別のテクノロジーの話になってしまいます。これに対して、「ネットワークのソフトウェア化の動きをもっと大きく捉え、ソフトウェア化できるところは全部ソフトウェアで作っていこう」というのがネットワークソフトウェアライゼーションの理念です。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

中尾彰宏(なかお・あきひろ)氏

1991年、東京大学理学部卒業。1994年、同大学大学院工学系研究科修士課程を修了し、同年、日本IBMに入社。米IBMのテキサスオースチン研究所、日本IBM東京基礎研究所などを経て、米プリンストン大学大学院コンピュータサイエンス学科にて修士号および博士学位を取得。2005年、東京大学大学院情報学環助教授に就任し、2007年に准教授、2014年から教授(現職)。第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)ネットワーク委員会の委員長も務める

スペシャルトピックスPR

softbank201701
panasonic201701
nttsoft201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます