企業ネットワーク最前線

<特集>SDN&NFV導入後のリアル:通信事業者編

ドコモの携帯網は「NFV」でどう変わったか?

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.07.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

世界中の通信事業者で導入が進むNFV。その効果はどの程度発揮され、またどんな課題が出てきているのか。世界で初めてマルチベンダーによる仮想LTEパケット交換機(vEPC)を商用稼働したドコモの事例をみてみよう。

 

ネットワークインフラの構築・運用を劇的に変える技術として注目されるNFV。設備構築・運用コストを削減できる、新たなサービスを迅速に展開できるといった、様々な効果が期待されているが、その効果はどの程度なのか不透明な部分は多い。

汎用ハードウェアとソフトウェアの組み合わせで従来設備と同等の機能や性能、信頼性が確保できるのか、運用上のデメリットはないのかといった懸念もある。

では、すでにNFVを運用しているNTTドコモはどのような効果を認めているのか。実運用で見えてきた課題も含めて、現時点でのNFVに対する評価を聞いた。

NTTドコモ
(左から)コアネットワーク部 コアノード計画担当部長の土屋宗紀氏、R&Dイノベーション本部 ネットワーク開発部 トランスポート基盤担当 担当部長の内山靖之氏、ネットワーク開発部 ネットワーク仮想化基盤担当 担当部長の音洋行氏


従来型とvEPCに「差はない」ドコモは今年3月、EPC(Evolved Packet Core:LTEパケットコア交換機)をNFVによって仮想化した「vEPC」の商用運用を開始した。

EPCは、S-GWやP-GW、MMEといった各種システムで構成されるもので、従来はシステムごとに専用装置が使われてきた。NFVは、これらS/P-GWやMME等の機能を持つソフトウェアを、汎用ハードウェア(IAサーバー等)で構成した仮想化基盤上で動作させるものだ。

ドコモのLTE網内では現在、専用装置型のEPCとvEPCが併存している。ネットワーク開発部・ネットワーク仮想化基盤担当・担当部長の音洋行氏によれば、vEPCも、加入者にLTEサービスを提供するためのインフラの一部として「既存設備と同じように使っている」。先に挙げたような懸念は当たらず「既存設備と同じ機能を持つアプリケーションを使っており、差はない」という。

ドコモは今後、LTE網の容量拡大はすべてvEPCで行い、保守サポート切れ(EoL)を迎えた既存設備もvEPCで更新していく。また、EPC以外の設備にもNFVを適用し、将来的にはネットワーク全体で仮想化のメリットを発揮できるようにする計画だ。17年度以降に、仮想IMS(IP Multimedia Subsystem)も商用稼働する予定である。

現時点ではインフラ全体に占めるvEPCの割合はまだ小さいものだ。ただし「だからといって仮想化のメリットが小さいわけではない」と話すのは、コアネットワーク部・コアノード計画担当部長の土屋宗紀氏だ。

例えば、NFVのメリットの1つである「オートスケーリング」について言えば、EPCの一部分が仮想化されていればその効果は得られる。オートスケーリングとは、トラフィックが急激に増えて容量が不足した場合に、自動的にリソースを増やして輻輳が発生するのを防ぐという使い方のことだが、vEPCの容量が増加すれば、従来設備を含めたEPC全体の容量が増え、輻輳が起きにくくなる。

なお、土屋氏は「仮想化の効果が高いと判断すれば、EoLを待つことなく既存設備をvEPCに更新していくことも十分にあり得る」と話す。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

logicool1709
yamaha1709
uniadex1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます