導入ガイド

【ユニファイドコミュニケーション最新動向】クラウド型UCをより効果的に使うには?

文◎村上麻里子(編集部) 2016.07.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

今や何らかのクラウド型UCを導入している企業は多い。それらの機能を強化したり使い勝手を向上させ、導入効果を最大限に発揮することを可能にするソリューションも登場している。

 

日本は少子高齢化による労働人口の減少という深刻な状況に直面しており、女性や高齢者の活用は喫緊の課題だ。さらに地方活性化という目的も加わり、国を挙げてワークスタイル変革を推進している。その実現のための基盤の1つとして昨今、注目を集めているのがユニファイドコミュニケーション(UC)だ。

メールやインスタントメッセージ(IM)、プレゼンス、Web会議など多様なコミュニケーション・コラボレーションツールを統合して活用するUCは、場所や時間に縛られない柔軟なワークスタイルを可能にするものであり、生産性向上や業務効率化、ダイバーシティの実現などに効果が期待できる。

また、スマートデバイスの普及やフリーアドレスの浸透も、多くの企業がUCを導入し始めた背景の1つに挙げられる。

さらに、月額制で手軽に利用できるクラウド型のUCサービスが相次いで登場しており、中小企業における導入のハードルも下がっている。他方、大企業でも「かつて根強くあったクラウドに対する抵抗感は薄れており、クラウド利用が当たり前のようになっている」(UCベンダー関係者)という。このため、クラウド型UCは企業の規模や業種に関係なく導入が進んでいるようだ。

また、クラウド型UCを提供するプレイヤーも、大手ITベンダーから通信事業者、PBXベンダーまで多岐にわたり、新たに参入するプレイヤーも少なくない。例えば、米ジェンバンドは、音声通話やメッセージ、テレビ電話、グループ通話など、これまでハードウェアで提供してきたリアルコミュニケーション製品をクラウド化し、「KANDY」「fring」「NUViA」として展開している。

このうちNUViAは、クラウド型UCを提供したい企業向けのクラウドサービスだ。日本法人ジェンバンド・ジャパン営業副社長の易傑氏は「ホワイトラベルとして提供しており、有名なサービスの再販ではなく、自社ブランドの独自サービスとしてクラウド型UCを提供できるのがアピールポイント」と話す。

 

ジェンバンドのクラウド型UC
ジェンバンドのクラウド型UCはホワイトラベルで提供されるので、自社ブランドの独自サービスとして展開できる


今後さらにクラウド型UC市場は活況を呈していくと見られるが、クラウド型UCを広く捉えた場合、“2強”として挙げられるのが、日本マイクロソフトの「Office 365」のアプリケーションの1つである「Skype for Business(以下、SfB)」と、グーグルの「Google Apps」だ。国内でもすでに数多くの企業が、SfBとGoogle Appsを採用している。

ただ、こうしたクラウド型UCを従来型のPBXやテレビ会議などと比較した場合、機能や使い勝手の面で課題を感じることもある。

そこで増えているのが、SfBやGoogle Appsなどのクラウド型UCの機能や使い勝手を補完するソリューションだ。ここからは、(1)音声通話、(2)会議システム、(3)運用管理に分けて、そうしたソリューションを紹介していく。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ゼンハイザー201701
unisys201702
nissho201702

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます