新製品&新サービス

シスコの新製品は“タイムマシン”? ―― 過去から現在までデータセンター内のすべてを見える化

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.07.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズがデータセンターネットワークの全パケット、フロー、帯域利用状況等を可視化する新製品を発表した。Nexus 9000スイッチをセンサーとして用いてデータを収集、分析することで、過去に遡って障害原因を調査したり、アプリケーションの性能劣化を起こすボトルネックを特定することが容易に行えるようになるという。

●ポリシー設定の自動化まで ―― 4つのユースケース

このように収集・分析したデータの活用法については、シスコでは4つのユースケースを想定している。

1つはアプリケーションの可視化だ。複数のアプリ同士の依存性を調査するほか、分析結果から自動的に運用ポリシーを生成し、シスコが提供しているインフラ管理自動化ソリューション「Cisco ACI(Application Centric Infrastructure)」と連動して、そのポリシーを自動的に適用するといったことも可能になるという。


アプリケーション可視化のイメージ


2つ目はアプリケーションの遅延モニタリング。パフォーマンスの劣化などが発生した際に、その傾向を把握したり、原因の特定を行う。3つ目はフォレンジックスだ。前述のように、時間を遡って調査を行う。



アプリケーションモニタリング/フォレンジックスの活用イメージ


最後は、コンプライアンス管理と、ポリシー適用時のシミュレーションである。ポリシーに沿わないトラフィックや、通常は通信するはずのないアプリ同士がデータを交換しているといった異常な振る舞いを検知する。また、新たに作成したポリシーを適用した場合に、インフラにどのような影響が及ぶのかを事前にシミュレーションする機能も備える。

現在のデータセンターは“ブラックボックス”
さて、こうしたデータ収集・可視化、分析の仕組みは、他のベンダーからもさまざまな製品が提供されており、もちろん、データさえ収集しておけば、これまでの環境でも同じようなことは可能だ。ただし、サーバー/ストレージ、ネットワーク、アプリケーションのそれぞれで運用担当者と管理手法は異なるため、障害の調査、原因特定、そして対策には膨大な人手とコスト、時間がかかってしまう。

バドワージ氏は、「現在のデータセンターはブラックボックスと化しており、しかも巨大化している。可視性が不足していることが大きな問題だ」と話す。多くのアプリケーションが稼働しているため、どのアプリとどのアプリに依存性があるのか、どこにボトルネックがあるのかといったことを特定するのは非常に困難な状況だ。

さらに、アプリケーションが稼働する場所が多様化していることが、問題をより複雑なものにしている。オンプレミス環境からプライベートクラウド、パブリッククラウドと、可視化しなければならない対象が多く、それらを組み合わせたハイブリッド構成も増えている。Cisco Tetratiin Analyticsはそれらを包括して可視化することを目的としたソリューションだ。

先に4つのユースケースを示した通り、可視化することによって、セキュリティ対策が脆弱な部分を発見したり、アプリケーションのパフォーマンス劣化を起こすボトルネックを特定することができる。それにより、セキュリティ対策を強化したり、よりコスト効率のよい場所にアプリケーションを移行するといったことも可能になる。また、リスクの高い行為を行っているユーザーを特定し、それを止めさせるといったことも可能だろう。



ヘルスケア、金融、官公庁などですでに導入が進んでいる


すでに北米では、金融や官公庁などでCisco Tetratiin Analyticsが採用されているが、国内でも同様に金融、政府・官公庁、そしてサービス事業者をターゲットに販売する計画だ。シスコシステムズ 執行役員・データセンター/バーチャライゼーション事業担当の藤本司郎氏は、「非常に多くのアプリケーションを持つユーザーに対して提案していく」と方針を述べた。7月末に伊藤忠テクノソリューションズ、日本アイ・ビー・エム、ネットワンシステムズ、ユニアデックスの4社をパートナーとして国内での販売を開始する。

スペシャルトピックスPR

nec1710
ipswitch1710
yamaha1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます