ICT×未来

5Gの“技術革新”の核心とは?(超低遅延&フレキシビリティ編)

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.07.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

5Gの高い能力は、1つの技術革新だけで実現するわけではない。5Gは、様々な最新技術の集合体だ。前回の超高速大容量に続き、今回は超低遅延とフレキシビリティの2つの観点から5Gの技術面を解説する。

超低遅延(1) 伝送時間間隔をもっと短く5Gの3つのユースシナリオの1つであるミッションクリティカル通信。これを実現するうえで肝となるのが遅延時間だ。

4Gでもネットワーク構成を考慮すればエンド・ツー・エンドの遅延時間を数十ms程度に抑えることができるが、自動運転や遠隔手術といったユースケースでは、数ms程度に遅延時間を短縮する必要があるとされる。5Gではエンド・ツー・エンドで数msの超低遅延を実現するため、まず無線区間の遅延時間を4Gの10分の1、1ms以下に短縮することを目標としている。

では、これはどのように実現されるのだろうか。

1ms以下の遅延時間を実現するための具体策の1つとなるのが、前回の「高速大容量化(2)」で紹介したOFDMAのサブキャリア間隔の拡大である。ノキア テクノロジーマネージャーの野地真樹氏の説明にしたがって解説しよう。

前回説明した通り、4Gでは15kHz幅の多数のサブキャリア上にデータを乗せて伝送を行っている。このサブキャリアは時間軸で見ると、1ms単位の「サブフレーム」(パケット)ごとに分割され、データを運んでいる。サブフレームの長さは、TTI(Transmission Time Interval:伝送時間間隔)と呼ばれる。

ノキアが3GPPに提案した5Gの無線仕様(OFDMA拡張仕様)は、サブキャリアの幅を4Gの5倍の75kHz幅とすることにより、1つのサブキャリアで5倍の情報を伝送するというものだ。ノキアでは、これに伴い、TTIを5分の1の0.2msとすることを提案している。

TTIが短くなると、データのやりとりの際の待ち時間が減り、遅延時間を短縮できる。併せて再送処理の簡素化などの手法を採ることで、無線区間の往復1msというスペックが実現できるのだという。

以上はノキアの提案をベースにした説明だが、他の大手ベンダーも若干の数字の違いはあるものの、同様の提案を行っている。

4Gの遅延も短縮

OFDMAの15kHzのサブキャリア間隔は変更せずに、1つのサブフレームで送れるデータ量を減らすことで、TTIの短縮を図る手法もある。情報量を半分にすればTTIは0.5msに、7分の1では0.14msとなる(図表3)。

 


図表3 低遅延化の実現技術(フレームサイズの短縮、4G)
図表3 低遅延化の実現技術(フレームサイズの短縮、4G)

 

この手法は、4Gの発展規格であるLTE-Advanced Pro向けに現在提案されているものだ。野地氏は「5Gの遅延時間だけが短縮されても、それ以外の広いエリアをカバーする4Gが現状のままでは用途が限られてしまう。この手法を利用すれば、ネットワーク全体の遅延時間を短縮できる」と話す。

5Gは、6GHz以上の高周波数帯だけではなく、4.5GHz帯などにも導入される見込みだ。こうした比較的周波数帯については、5Gでも4Gと同じ15kHzのサブキャリア間隔のOFDMAを使おうという意見が大勢になりつつあるという。そうなった場合、6GHz以下の5Gについては、この手法が使われることになりそうだ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ms1802
i31802
macnica1802

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT無線を自営する
WI-SUN FAN/EnOcean/EnOcean Long Range/Bluetooth mesh/SmartHop/LoRaWANの特色や活用のポイント、最新事例を徹底レポート!

◆[インタビュー]KDDI総合研究所 中島康之所長「5Gきっかけに“不連続な進化”」 ◆5G NRの策定完了、その注目点は? ◆屋外や工場に広がる高速PLC

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズチェック・ポイントのSMB戦略
あらゆる環境で攻撃を未然に防ぐ

日本向けにローカライズし、パートナーもユーザーも扱いやすく。

ロジクールSkype for Business用
会議室コンソール「SmartDock」

働き方改革に有効なSfB会議が簡単かつ安全に始められる!

協和エクシオSfB導入の課題解決をサポート

協和エクシオは通建事業60年のノウハウを活かし、Skype for Business導入トータルサービスを提供する。

ソフトバンクSkype for Businessの利用促進
コスト大幅削減を実現するには?

ソフトバンクのGlobalMeet電話会議サービスで実現可能だ。

ブロードメディア・テクノロジーズグローバル企業の悩みを一掃!
“本当に使える”SD-WAN基盤

WANの課題を一掃するAryakaの
SD-WANが心強い味方になる。

NECネッツエスアイSilver PeakのSD-WANは
独自技術でSaaS通信をフル制御

「SaaSを快適かつ安定的に使いたい」という企業ニーズに応える。

日商エレクトロニクスクラウドが快適に使えるSD-WAN

日商エレクトロニクスが販売する「Cisco SD-WAN」(旧Viptela)は、常に進化し続けるSD-WANだ。

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
iot19
compass
watson

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます