ICT×未来

[特集]ロボット×IoTが世界を変える 第3回

“空飛ぶIoT”の使い方――ドローンは企業に何をもたらすか?

文◎村上麻里子(編集部) 2016.05.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ヒトの代わりに、災害現場や高所にドローンが急行。そのリアルタイム映像を保守点検業務に生かしたり、クラウドで分析して農作物の育成状況を把握したり――。ドローンの業務活用には、大きな可能性がある。

 

遠隔操作や自動制御により無人で飛行するドローンがここ数年、日本でも話題を集めている。

軍事利用を目的として開発が始まったドローンは、無線技術やセンサー技術の進歩に伴い小型化・高機能化が進み、数万円程度の安価なモデルも登場したことで、日本ではまずコンシューマー向けに浸透した。さらに最近では業務に活用する動きも急速に進んでいる。

ドローンの特徴は、災害現場や高所など、人間が赴くには危険が伴ったり時間がかかる場所にも簡単に行けることだ。そして、ドローンの本体にはカメラや通信機能などを搭載することができ、さまざまな現場情報を収集して遠隔地に送信することができる。これが、ドローンが「空飛ぶIoT(Internet of Things)」とも呼ばれるゆえんだ。

こうしたドローンの特徴に、業務改革の可能性や新たな収益機会を見出す企業は多く、自社の業務に取り入れたり、企業向けのドローン関連サービスの提供を開始する企業が増えている。

調査会社のシード・プランニングは、産業用ドローンの主な用途は現在の農薬散布中心から、今後は整備・点検や測量、災害調査・支援、警備などへ広がると予測している。市場規模も2015年の16億円から18年は84億円、20年には186億円と拡大する見込みだ(図表)。

 

 

図表 国内の産業用無人飛行機・ヘリコプターの用途別市場予測(単位:億円)
図表1 国内の産業用無人飛行機・ヘリコプターの用途別市場予測(単位:億円)


では、ドローンはどんな業務に活用でき、どんな課題を解決できるのか。主な取り組みを紹介する。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1704
caso1704
watchguard1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハSWX2100-PoE

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます