企業ネットワーク最前線

日立のIPテレフォニー事業は健在――「MX-01」強化しスマホ/UC提案を加速

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.05.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「撤退か縮小か」などという憶測も広がった日立のIPテレフォニー事業だが、心配は無用だ。スマホ連携/UC提案の活性化に向けて開発体制も増強。「NETTOWER MX-01」の機能強化版も近く投入する。

 

「日立のIPテレフォニー事業が撤退するとか縮小するとか、そうしたことは一切ない。それどころか、これから2016年度以降にどう伸ばしていくかと事業計画をまさに論議しているところだ」

そう話すのは、日立情報通信エンジニアリングのIPTソリューション事業部・副事業部長を務める竹内公敏氏だ。2016年度以降の事業計画においても、「IPテレフォニー事業の成長に向けてソリューション提案を強化しようという方針でいる。そのための仕込みとなる開発も着々と進めてきた」という。

 

日立情報通信エンジニアリング 竹内公敏氏
日立情報通信エンジニアリング IPTソリューション事業部 副事業部長 竹内公敏氏


PBX事業は「これまで通り」日立のPBX事業について2月以降、通信系ディーラーの間で、ある憶測が広がった。日立製作所が2月3日の決算説明会で、事業体制を16年4月1日付で一新すると発表したのを受けたものだ。一部報道で、通信ネットワーク事業を大幅に縮小し、日立製作所が開発する通信事業者向けハードウェアの自社開発から事実上撤退するなどと伝えられたことから、PBX事業への影響を懸念する声が上がったのだ。

だが、新体制の詳細は明らかになっておらず、また、この発表を直ちに、グループ会社である日立情報通信エンジニアリングが統括するIPテレフォニー事業と結びつけて考えるのは行き過ぎといえよう。

2月3日の発表を整理すると、その主旨は、情報・通信システム社、電力システム社など9社で構成する従来の製品別カンパニー制を改めて、電力・エネルギー、産業・水などマーケット別に「12のフロントBU(ビジネスユニット)」を置くというもの(図表)。マーケット別の事業体制に移行することでフロント営業を強化するのが狙いだ。これに伴い、情報・通信システム社は金融BU、公共BU、および新設のICT事業統括本部に分割。ICT事業統括本部は全フロントBUと連携するという。

 


図表 4月1日以降の日立グループの事業体制
4月1日以降の日立グループの事業体制

 

なお、日立のIPテレフォニー事業は14年4月に、日立製作所から、グループ会社である日立情報通信エンジニアリングおよび日立システムズに事業移管されている。日立情報通信エンジニアリングが同事業全体を統括、製品設計・開発・製造を行い、日立システムズがパートナー向けも含めて販売する体制がスタートしてから間もなく丸2年となる。

日立のIPテレフォニー事業の事業方針は変わらず、竹内氏も「我々の民需向けの事業はこれまで通り。さらなる強化を図る」と断言する。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

arbor1705
yamaha1704
caso1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます