企業ネットワーク最前線

「ふるさとテレワーク」は企業に何をもたらすか?――全国15地域が成果報告

文◎太田智晴(編集部) 2016.04.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

4月22日開催のふるさとテレワーク
推進会議で挨拶する高市早苗総務大臣

「地方創生」、そして「一億総活躍社会」実現の具体策の1つとして、総務省が推進する「ふるさとテレワーク」。全国15地域で実証事業が行われたが、その成果報告会が2016年4月22日に開かれた。果たして、どんな成果が得られたのだろうか。

 

「投資対効果に見合うのか――。どうしても民間企業の場合、そうした議論になるが、必要な初期費用を支援いただけたことが大きかった」

ふるさとテレワーク推進事業の意義について、こう語ったのは佐賀県鳥栖市で行われたふるさとテレワークの実証事業に参加したパソナテックの粟生万琴氏だ。

 

ふるさとテレワーク推進会議
4月22日に行われた第5回 ふるさとテレワーク推進会議。実証事業に参加した15地域が成果報告を行った

 

ふるさとテレワークとは、ICTの活用により、地方で暮らしながら、都市部の仕事を行う働き方のこと。総務省は昨年度から、ふるさとテレワークの推進事業を行っている。

パソナテックがふるさとテレワークに参加した目的の1つは、「離職なき、ふるさと帰還」の実現にあった。介護や子育てなどを理由に、やむなく離職して地元に帰る人は多い。しかし、ふるさとテレワークができれば、離職することなく、地元に帰って同じ仕事を続けられる。

素晴らしい仕組みと賛同する人は多いだろうが、いざ自社で取り組もうという場合、費用の面をはじめ、ハードルは非常に高い。そこで、パソナテックの粟生氏が言うように、ふるさとテレワーク推進事業の意義がある。

ふるさとテレワークで会津若松市をデータ分析官の一大拠点にふるさとテレワークの実証事業は今回、次の15地域で行われた。

北海道北見市・斜里町、北海道別海町、岩手県大船渡市、山形県高畠町、福島県会津若松市、群馬県高崎市、長野県塩尻市・富士見町・王滝村、長野県松本市・神奈川県横須賀市、京都府京丹後市、奈良県東吉野村、和歌山県白浜町、徳島県鳴門市、福岡県糸島市、佐賀県鳥栖市、沖縄県竹富町である。

総務省は募集にあたり、サテライトオフィス/テレワークセンターを拠点として、「地方のオフィスに、都市部の企業が社員を派遣し、本社機能の一部をテレワークで行う」、もしくは「子育てや親の介護を理由に地方への移住を希望する社員が、テレワークで勤務を継続する」ことを必須要件にしており、各プロジェクトには様々な企業が参加している。

具体的な企業名を一部挙げると、グーグル、日本マイクロソフト、アクセンチュア、富士ソフト、富士ゼロックス、セールスフォース・ドットコム、NTTコムチェオなどだ。

例えば、アクセンチュアの場合、今回のふるさとテレワーク推進事業を活用し、会津若松市にデータ分析官の一大拠点を作ろうとしている。

会津若松市には、「コンピュータ理工学」を特色とした会津大学があるが、アクセンチュアの中村彰二朗氏によれば「卒業生の8割強が東京に就職する」という。会津若松市には、コンピュータに関するスキルを活かせる仕事が少ないためだ。

これは、大学を卒業したばかりの若者だけの問題ではない。UターンやIターンを考えている人にとっても大きな課題である。今、UターンやIターンというと、現在の職業を変えることはもちろん、収入減も迫られることがほとんど。

「地方=工場、地方=コールセンターという事業も必要だが、1000万円内外をもらえるサラリーマンが地方にいてもいいじゃないか」(中村氏)

そこで、アクセンチュアは、コンピュータの専門大学のある会津若松市に雇用基盤を作ろうと考えた。データ分析という仕事にしたのは、ビッグデータ時代が本格化しているにもかかわらず、日本はデータ分析の人材が決定的に不足しているからだ。そして、データ分析という仕事を、東京で行う必然性もない。

実証実験では会津若松市内のテレワークセンターを利用し、従来東京本社で行っていた高付加価値業務を、テレワークによって地方で行えるかを検証したが、「テレワークセンターに新たに2社の入居者が入ったことが、その成果を表している」と中村氏は語った。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

watchguard1711
watchguard1712
cyvereason1712

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018a
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます