企業ネットワーク最前線

「ふるさとテレワーク」は企業に何をもたらすか?――全国15地域が成果報告

文◎太田智晴(編集部) 2016.04.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

4月22日開催のふるさとテレワーク
推進会議で挨拶する高市早苗総務大臣

「地方創生」、そして「一億総活躍社会」実現の具体策の1つとして、総務省が推進する「ふるさとテレワーク」。全国15地域で実証事業が行われたが、その成果報告会が2016年4月22日に開かれた。果たして、どんな成果が得られたのだろうか。

 

「投資対効果に見合うのか――。どうしても民間企業の場合、そうした議論になるが、必要な初期費用を支援いただけたことが大きかった」

ふるさとテレワーク推進事業の意義について、こう語ったのは佐賀県鳥栖市で行われたふるさとテレワークの実証事業に参加したパソナテックの粟生万琴氏だ。

 

ふるさとテレワーク推進会議
4月22日に行われた第5回 ふるさとテレワーク推進会議。実証事業に参加した15地域が成果報告を行った

 

ふるさとテレワークとは、ICTの活用により、地方で暮らしながら、都市部の仕事を行う働き方のこと。総務省は昨年度から、ふるさとテレワークの推進事業を行っている。

パソナテックがふるさとテレワークに参加した目的の1つは、「離職なき、ふるさと帰還」の実現にあった。介護や子育てなどを理由に、やむなく離職して地元に帰る人は多い。しかし、ふるさとテレワークができれば、離職することなく、地元に帰って同じ仕事を続けられる。

素晴らしい仕組みと賛同する人は多いだろうが、いざ自社で取り組もうという場合、費用の面をはじめ、ハードルは非常に高い。そこで、パソナテックの粟生氏が言うように、ふるさとテレワーク推進事業の意義がある。

ふるさとテレワークで会津若松市をデータ分析官の一大拠点にふるさとテレワークの実証事業は今回、次の15地域で行われた。

北海道北見市・斜里町、北海道別海町、岩手県大船渡市、山形県高畠町、福島県会津若松市、群馬県高崎市、長野県塩尻市・富士見町・王滝村、長野県松本市・神奈川県横須賀市、京都府京丹後市、奈良県東吉野村、和歌山県白浜町、徳島県鳴門市、福岡県糸島市、佐賀県鳥栖市、沖縄県竹富町である。

総務省は募集にあたり、サテライトオフィス/テレワークセンターを拠点として、「地方のオフィスに、都市部の企業が社員を派遣し、本社機能の一部をテレワークで行う」、もしくは「子育てや親の介護を理由に地方への移住を希望する社員が、テレワークで勤務を継続する」ことを必須要件にしており、各プロジェクトには様々な企業が参加している。

具体的な企業名を一部挙げると、グーグル、日本マイクロソフト、アクセンチュア、富士ソフト、富士ゼロックス、セールスフォース・ドットコム、NTTコムチェオなどだ。

例えば、アクセンチュアの場合、今回のふるさとテレワーク推進事業を活用し、会津若松市にデータ分析官の一大拠点を作ろうとしている。

会津若松市には、「コンピュータ理工学」を特色とした会津大学があるが、アクセンチュアの中村彰二朗氏によれば「卒業生の8割強が東京に就職する」という。会津若松市には、コンピュータに関するスキルを活かせる仕事が少ないためだ。

これは、大学を卒業したばかりの若者だけの問題ではない。UターンやIターンを考えている人にとっても大きな課題である。今、UターンやIターンというと、現在の職業を変えることはもちろん、収入減も迫られることがほとんど。

「地方=工場、地方=コールセンターという事業も必要だが、1000万円内外をもらえるサラリーマンが地方にいてもいいじゃないか」(中村氏)

そこで、アクセンチュアは、コンピュータの専門大学のある会津若松市に雇用基盤を作ろうと考えた。データ分析という仕事にしたのは、ビッグデータ時代が本格化しているにもかかわらず、日本はデータ分析の人材が決定的に不足しているからだ。そして、データ分析という仕事を、東京で行う必然性もない。

実証実験では会津若松市内のテレワークセンターを利用し、従来東京本社で行っていた高付加価値業務を、テレワークによって地方で行えるかを検証したが、「テレワークセンターに新たに2社の入居者が入ったことが、その成果を表している」と中村氏は語った。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

softbank201701
panasonic201701
nttsoft201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ICT業界 未来予測2017
         10の変革シナリオ

 LPWAでスマートシティ元年 / IoTが“シェアリング”を加速
 社会基盤を「人質」に身代金 / モバイルで進む放送と通信の融合
 ビデオがX-Techの名脇役 / PBX業界のデジタル破壊始まる   他

【インタビュー】総務省 総合通信基盤局長 富永昌彦氏<MVNOの接続料をさらに低廉化 つながるクルマがIoTの“先兵”>

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot08
ngn2016
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます