新製品&新サービス

SAPのコネクテッドカー向けプラットフォーム、“リアルタイム処理”でバスの危険運転を防止

文◎唐島明子(編集部) 2016.03.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SAPジャパン バイスプレジデント
自動車産業統括本部長の小寺健夫氏(左)、
同社インダストリークラウド事業統括本部
コネクテッドビークル事業開発
ディレクターの松尾康男氏

SAPジャパンは2016年3月23日、莫大な投資をせずにテレマティクスを実現できるというコネクテッドカー向けクラウドプラットフォーム「SAP Vehicle Insigts」「SAP Vehicles Network」を発表した。Vehicle Insightsは日本市場において限定的に出荷を開始し、一般提供開始は2016年4月~6月を予定している。またVehicles Networkは本年、実証実験を進める予定だ。


「テレマティクスは、大手自動車メーカーが何十億、もしかしたら何百億円という莫大な投資をしている分野。そこに圧倒的なコストとスピードメリットのあるソリューションをSAPは提供する」

コネクテッドカー向けのクラウドプラットフォーム「SAP Vehicle Insigts」「SAP Vehicles Network」をこのように紹介するのは、SAPジャパン バイスプレジデントの小寺健夫氏だ。

これらのプラットフォームは、同社のIoT向けPaaS「SAP HANA Cloud Platform(HCP)」上に構築されている。HCPにあらかじめ用意されている機能を利用するため、開発期間を短縮でき、莫大に必要だった開発コストを低減することが可能になる。さらにSAPならではの特徴として、「HCPのインメモリ技術によるリアルタイム処理」を小寺氏は挙げる。

SAP HANA Cloud PlatformはインメモリDBを搭載しているため、大量のセンサーデータをリアルタイムに解析できるという

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

watchguard1704
necpf1704
citrix1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハSWX2100-24G

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます