導入・選定ガイド

LINE以上、UC未満の“使える”ビジネスチャットの選び方(後編)

失敗しない「ビジネスチャット」の選び方

文◎太田智晴(編集部) 2016.02.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LINEに代表されるコンシューマー向けチャットを業務で使うのは非常にリスキー。そこで導入企業が増えているのが、企業向けの管理・セキュリティ機能などを備えたビジネスチャットだ。しかし、ビジネスチャットの数は非常に多く、どれを選べばいいのか迷いどころ。後編では、ビジネスチャット選びのポイントを整理する。

管理・セキュリティ機能のポイントとは?コンシューマー向けチャットではなく、ビジネスチャットを利用する最大の意義は、その管理・セキュリティ機能にある。

ビジネスチャットを名乗る製品・サービスであれば、管理者側でのユーザーの一元管理機能はどれも備えているが、管理・制御できる範囲には違いがある。そこで自社に必要な機能を備えているかどうか確認しよう。

例えば、ユーザー/組織単位で、利用できる機能やコンタクト先を制御できるかどうか。「正社員以外のファイル添付は禁止したい」「A部門とB部門の従業員がチャットをするのは禁止したい」といった要望に応えるための機能だ。

セキュリティについては、IPアドレスやデバイス認証によるアクセス制限機能、SSLなどによるメッセージの暗号化などがニーズの高い機能である。

 

TopicRoom
TopicRoomのセキュリティ機能(出典:NTTソフトウェア資料)

 

さらに、コンプライアンス対応に役立つのが、チャットログのエクスポート機能。ビジネスチャットを導入すると、社内コミュニケーションの中心がメールからチャットにシフトする。ログのエクスポート機能がないと、内部監査の必要性が生じたときに困ることになる。NTTソフトウェアの「TopicRoom」の場合、「管理者がいつどんなチャットログをエクスポートしたのかも記録する」(林田剛太郎氏)という。

また、パワハラやセクハラ対策として、禁止ワード機能を備えるビジネスチャットもある。


「既読」はどうするか?LINEによるコミュニケーションの特徴としては、既読表示とスタンプ機能が挙げられるが、この2つもビジネスチャット選びで大切なポイントだ。

既読表示とは、メッセージを閲覧すると、相手の画面に「既読」と表示される機能。自分が送ったメッセージを相手が見たかどうか分かるという便利さの半面、受信側には「すぐ返信しなくては」という強制感、送信側には「既読なのに返信がない」というイライラ感をもたらす。

既読表示には良い面と悪い面があるわけだが、そのためビジネスチャットの中には既読表示の機能を備えないものもある。

その代表例はChatWork/KDDI ChatWorkだ。「LINEと違って、既読表示がないのが気に入っている。既読表示があると、すぐ返事しないといけないから大変」と話すChatWorkユーザーは多い。

一方、レジェンド・アプリケーションズの「COMPANY Messenger Powered by LaKeel」のように、既読表示に加えて、「在席中」「離席中」「スマートフォンでログイン中」といったステータス表示まで行えるビジネスチャットもある。

迅速なコミュニケーションを追求するか、一定の距離感のあるコミュニケーションか――。最近は、既読表示を行うかどうかを、ユーザー企業の管理者側で設定できるビジネスチャットも登場している。

スペシャルトピックスPR

nec1710
ipswitch1710
yamato1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます