企業ネットワーク最前線

Web会議が「経営」を変えた!――iPadで全国64拠点をつなぎ「支店長会議」「業務教育」

文◎太田智晴(編集部) 2016.01.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

全国64拠点のネットワークを強みに、全国でオンサイト保守サービスを展開する新興サービス。しかし、この強みは、課題でもあり続けていた。「全国に広がる拠点とのコミュニケーションをどう円滑に行うか」という課題だ。解決策となったのは、KDDIのiPadとWeb会議サービス「KDDI TeleOffice」。支店長会議や業務教育などに活用し、「経営」が変わり始めた。

基幹ネットワークをWVS 2に更改し、BCPとセキュリティを強化TeleOfficeの導入は、新興サービスに大きな変化をもたらすことになったが、現在これとは別の改革も進んでいる。全国64拠点をつなぐネットワークの刷新だ。KDDIのイントラネットワークサービス「KDDI Wide Virtual Switch 2(WVS 2)」への切替作業が進行中だ。

同社は従来、インターネットVPNを活用していたが、管理本部 管理部 情報システム課 課長代理の中澤幸弘氏によると次の課題を抱えていたという。

「今まで各拠点は、本社を経由して基幹システムが稼働するデータセンターやインターネットに接続していました。このため本社に何かあると、全国の拠点で基幹システムやインターネットが利用できなくなる状況でした」

実際、年1回ある本社ビルの計画停電時は、全社的に基幹システムやインターネットが利用できなくなった。BCP(事業継続計画)を考えると、ネットワーク構成の変更は急務だったのである。

 

新興サービス 中澤幸弘氏
管理本部 管理部 情報システム課 課長代理 中澤幸弘氏

 

そこでWVS 2の導入を決定。本社を経由せず、WVS 2からデータセンターやインターネットに直接接続できる構成に変更した。ちなみに、WVS 2のインターネット接続は、東日本エリアで大規模災害などが発生して不通になると、自動的に西日本エリアからの接続に切り替わる。

新興サービスがWVS 2を導入したもう1つの理由は、セキュリティだ。「インターネットVPNよりも、閉域網であるWVS 2のほうがセキュリティが高いからです」(中澤氏)。

WVS 2は、網側のサービスとしてセキュリティアプライアンスの機能を提供しているのも特徴だが、新興サービスではこれも採用。WVS 2のUTM機能によって、ファイアウォールをはじめ、IPS/IDS、URLフィルタリングなどのセキュリティ対策を実現しており、インターネットの出入り口部分のセキュリティも今回強化できた。

2015年5月に始まったWVS 2への切替作業は、2016年3月末までに全拠点で完了する予定だが、中澤氏はすでに次のステップについても考えている。

「これまではiPadを基幹ネットワークには接続していませんでした。しかし、WVS 2への切替が完了したら、セキュリティをしっかり担保したうえで、iPadも基幹ネットワークに接続できるよう、KDDIさんと相談していきたいと思っています」

iPadからは現状、TeleOfficeやメール、グループウェアは利用できるものの、基幹システムや社内ファイルサーバーにはアクセスできない。WVS 2への移行に合わせて、iPadの利用範囲をいっそう拡大したい考えだ。

さらに、本社のPBXが更新時期を迎えたことをきっかけに、ユニファイドコミュニケーション(UC)の導入も検討している。

「ICTを仕事にしている我々にとって、ICTによる業務効率化は当然、非常に重要なテーマ。そこでUC導入によって、業務効率化を図れないかと思っています。当社の業務領域には、UCの運用保守も入っていますから、我々自身がUCを使うことにより、さらにお客さまに貢献できるとも考えています」と、福留氏はその狙いを語る。

TeleOfficeの次は、UCによる経営革新を目指すというわけだ。

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます