ICT×未来

4Gと5Gの「架け橋」になるのは?――ノキアネットワークスが説明会でデモ

文◎太田智晴(編集部) 2015.10.13

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

AirFrame Data Centerソリューション

ノキアソリューションズ&ネットワークス(ノキアネットワークス)は2015年10月9日、記者説明会を開催。同社の5Gに向けた取り組みについて、ミリ波帯やFDD-TDDのキャリアアグリゲーション、クラウドRANのデモなども交えて紹介した。

 

記者説明会ではまず、今年7月に日本法人社長に就任したジェイ・ウォン氏が挨拶を行った。今年150周年を迎えたノキア。製紙会社として創業したノキアは、さまざまな変革を経て現在に至るが、「2015年にも変革を遂げる」としてウォン氏が強調したのが、今年4月に発表したアルカテル・ルーセントの買収についてだ。

 

ノキアネットワークス ジェイ・ウォン氏 ノキアネットワークス ハリー・ホルマ氏
ノキアネットワークス 代表取締役社長のジェイ・ウォン氏(左)と、無線システムパフォーマンス特別研究員のハリー・ホルマ氏

 

これにより、ノキアネットワークスのキャリア事業収入は、業界1位のエリクソンに肉薄する2位へと浮上、時価総額ではエリクソンを超えることになり、「アルカテル・ルーセントと1つの会社になることで、業界のリーダーになれる」とウォン氏は語った。

 

アルカテル・ルーセント買収
アルカテル・ルーセント買収後のキャリア事業収入と時価総額

 

また、ソフトバンク、KDDI、NTTドコモの3事業者の主要サプライヤーであること、国内の無線/LTE市場でシェア1位であることに言及したうえで、「我々が4Gから5Gへの架け橋になる」ともアピールした。

LTE-Advanced evolutionが5Gへの架け橋にでは、ノキアネットワークスは、4Gから5Gへの架け橋をどのようにかけていく考えなのか。それを説明したのが、無線システムパフォーマンス特別研究員のハリー・ホルマ氏である。

同氏は、LTE-Advancedが4Gから5Gへの架け橋になるとしたうえで、5Gとの後方互換性を実現することで、「スムーズな形で5Gに進化できる」と語った。

LTE-Advancedの商用サービスはすでに国内でもスタートしているが、ホルマ氏によると、その進化版であるLTE-Advanced evolutionに関する議論が3GPP Release 13以降で行われているとのこと。LTEの10倍のデータ転送速度、10分の1の遅延、10倍のカバレッジ、そして100倍の容量拡大がLTE-Advanced evolutionのターゲットだ。

 

LTE-Advanced evolution
LTE-Advancedは、LTE-Advanced evolutionへとさらに進化


また、Release 13では、LTE向けのLTE仕様であるNB-IoTにも注目だという。NB-IoTは、端末側の受信帯域幅を0.2MHzと狭くし(通常のLTEは20MHz幅)、最大速度も200kbpsに抑えることで、デバイスコストの削減などを実現する。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1710
ipswitch1710
yamato1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます