企業ネットワーク最前線

IoTでため池の水位を遠隔監視――新ビジネス創出を目指す協和エクシオ

文◎小林秀雄(ITジャーナリスト) 2015.10.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

協和エクシオは、メンテナンスが容易なため池の水位監視システムを開発した。同社は、従来からのICTのインフラ工事やソリューション事業に加え、次代の経営を支えるIoTビジネスに力を入れる。

将来の水位予測も可能ため池の水位を監視するシステムの提供に乗り出しているのは協和エクシオだけではなく、他社も参入している。そのなかで、クラウド・セキュリティソリューション推進部門課長代理の榊原知洋氏は、同社のシステムの差別化ポイントとして「水位の簡易的な予測ができること、そして漏水がわかること」の2点をあげる。

1点目の、水位の予測の基となっているのは農水省が作成しているため池の設計基準の数字と、その数字に同社が手を加えて作成した数式だ。その数式と実データを重ね合わせて補正する仕組みとなっている。データを蓄積すればするほど、水位の予測精度は高まる。

将来の水位が予測できれば、前もって水門を開けておくなど、決壊を防ぐ対策をタイムリーに講じることが可能となる。大雨が降るなか、水位を確認するために、ため池に足を運ぶことは危険を伴う。遠隔で現在の水位確認や将来の水位予測ができれば、ため池に足を運ぶことは不要となる。

ため池に漏水が起きているかどうかがわかることも農家にとって重要ななことだ。漏水を放置しておくと決壊をもたらす危険性が高まる。一般的に漏水の発見・確認はボーリング調査によって行われているが、ため池遠隔水位監視システムに雨量計をセットしておけば、農家はボーリング調査を行うことなく日々のシステム運用の中で漏水を検知することができる。

IoTビジネスで成長を牽引山口県の実証実験では、太陽光発電を導入した。山口県のため池のうち、電源が近くにあるのは3割。残りの7割は電源が近くに存在しないという。そこで、ため池の周囲に太陽光パネルを設置し、太陽光発電による運用の検証に取り組んでいる。

ため池の堤に異常がないか確認するために、農家はため池周辺の草を刈っているが、太陽光パネルを敷設するとパネルの下に草が茂らなくなる。太陽光発電はその草刈りの作業を減らすという副次的な効果ももたらす。

実証実験の目的は、農家の声をシステムの機能や操作性の改善に活かすことだ。農家からは、「雨が降る都度、水位を確認するためにため池に行かなくて済むようになり、とても助かっている」との声が届いている。自宅にいながらため池の水位を把握できるシステムは好評だ。また、漏水を検知する道具としても有効と感じているという。

協和エクシオは、実証実験を通じてシステムの機能・利便性に関する検証を重ねつつ、自治体や農家にため池遠隔水位監視システムを紹介する営業活動を進めている。「農家の反応はどうか」という問いに松浦氏は「とてもウェルカム。ため池の水位を安価に監視できることが評価されている」と話す。

ため池遠隔水位監視システムは同社にとって次代の成長を牽引するIoTビジネスの1つである。これまで同社を成長させてきた主力事業は通信工事だ。通信工事は受注して施工すれば終了する。

それに対し、ため池遠隔水位監視システムはクラウドサービスとして提供するものであり、継続的に利用料収入を得ることが可能なビジネスモデルとなる。ため池遠隔水位監視システムは、新しい事業を生み出すインキュベーション機能を担う、ソリューション推進本部が手塩にかけて育てている新事業だ。「ため池遠隔水位監視システムはいま孵化しつつある段階。成功させて花を咲かせたい」と松浦氏は意欲を示す。

ため池の水位を監視するために構築したM2Mプラットフォームは、様々な用途に適用することが可能だ。「センサーを取り替えれば社会インフラの構造物の監視など、いろいろなシーンに使える」(松浦氏)と、センサーメーカーとの協業強化を進め、農業や入退室管理など様々な領域でIoT事業を推進していく。

スペシャルトピックスPR

watchguard1805
scsk1805
jpsecure1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます