ビジネス・企業

シスコが中小企業向け新ブランド「Cisco Start」を立ち上げ

文◎坪田弘樹(編集部) 2015.09.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズは2015年9月16日、従業員100人以下の中小企業をターゲットとした新ブランド「Cisco Start」を発表した。国内の中小企業向けに新たに開発したルーター製品をはじめ、スイッチ、無線LANアクセスポイント、セキュリティ製品などをパッケージにして販売するほか、日本語による製品情報サイトの開設や、オンライン販売も含めた販売チャネルの開拓、サポート網の強化など、中小企業市場開拓に向けた施策を展開する。



100名以下の中小企業向け新ブランド「Cisco Start」を立ち上げる


今回の取り組みは日本独自のもので、新ブランドを冠した製品群もシスコ日本法人が日本国内向けに展開する。専務執行役員 コーポレート事業統括の中島シハブ氏は、「日本のお客様の要求を取り入れ、簡単に使える管理機能等を開発した。これを、中小企業でも無理のない価格で提供する」と話した。日本語のGUIで簡単にセットアップが行える機能など、日本国内の中小企業に特有のニーズを取り込んだ機能を搭載したうえで、大企業向けで実績のあるアプリケーション可視化や自動化、セキュリティ機能なども盛り込んでいるという。



専務執行役員 コーポレート事業統括の中島シハブ氏


具体的な製品としては、Cisco Start立ち上げに向けてGbE対応VPNルーター「Cisco 841MJ」を新開発。また、既存製品であるスイッチ「「Cisco SG300-10MPPマネージドスイッチ」や、無線LAN製品「Cisco Aironet 1702Iアクセスポイント」「Cisco 2504ワイヤレスコントローラ」、統合セキュリティアプライアンス「Cisco ASA 5506-X」などを「Cisco Startシリーズ」として販売する。ルーター/スイッチ、無線アクセスポイントをパッケージにした「25名規模オフィス向け基本LANパッケージ」など、ユーザーが購入しやすい「推奨パッケージ」も用意する。



新製品のVPNルーター「Cisco 841MJ」のほか、スイッチ、無線LAN製品などをラインナップ


新たな販売・サポート施策も展開する。シスコのエンジニアが直接対応する中小企業向けサポート窓口を新規開設するほか、製品情報を提供する専門サイトやユーザーコミュニティも設ける。また、販売パートナー/ディストリビュータとの連携も強化。ダイワボウ情報システム(DIS)がディストリビュータとなり、同社のパートナー1万9000社を通して全国に展開する。DISが二次点向けのトレーニング等を行うという。なお、Cisco Startシリーズの製品・パッケージ開発や価格設定、サポート体制の構築にも、DISが深く関わっているという。新製品のルーター、Cisco 841MJの市場想定価格は4万円台からと、シスコ製品としては非常に抑えた値付けになる予定。DIS・取締役の松本裕之氏(販売推進本部長 兼 販売推進4部長 兼 東京支社長)は、「ようやく我々が求めていた製品が出た。初年度で1万5000台を目標に売っていく」と語った。



「Cisco 841MJ」は4万円台から販売する


なお、DIS経由でチャネル販売を進めるほか、シスコはeコマースサイトでの販売にも力を入れる方針。9月16日からNTTレゾナントが運営する「NTT-X Store」でCisco Startシリーズを発売したほか、他のサイトでの販売も行う予定だ。

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます