企業ネットワーク最前線

IoTでビル管理!「BEMSビジネス」はクラウド型で中小ビルにも拡大へ

文◎坪田弘樹(編集部) 2015.07.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

BEMS市場の裾野が中小ビルにも広がろうとしている。ICTベンダーの新規参入や、複数棟の一元管理も可能な低コストのクラウド型BEMSの普及が市場拡大をけん引しそうだ。

 

オフィスビルや工場、商業施設等におけるエネルギー使用量を見える化したり、自動制御によって最適化するBEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)は、2020年東京オリンピック開催に向けた再開発による需要増や、分散型電源の普及を背景に、市場が拡大すると見込まれている。

BEMS市場のプレイヤーはここ数年、大きく変化している。市場の主役は、ビル設備集中監視制御システム(BAS:ビルディングオートメーションシステム)を手がける事業者だ。彼らがBASとセットで大規模ビルにBEMSを提供してきたが、そこに省エネ意識の高まりや、東日本大震災以降に企業が節電の取り組みに注力し始めたのを背景としてICT事業者が参入した。低コストに導入できる簡易型BEMSを商材として、BAS/BEMSを導入していない中小規模ビルを主ターゲットに販売を進めてきた。

また、BAS/BEMSを提供するベンダーも、中小ビルをターゲットに、導入コストを抑えたクラウド型BEMSを展開するなど、市場の裾野を広げようとしている。BAS/BEMS機能をクラウド型で提供する「FITBEMS(フィットベムス)」を販売するNTTファシリティーズ・ファシリティマネジメント事業本部ファシリティソリューション部FMソリューション担当部長の横山克己氏は、「BAS/BEMSが導入されていないビルは数十万棟ある。FITBEMSでこの空白領域を狙う」と話す。

BEMS市場はこのように、プレイヤーもシステム/サービスもともに多様化している。

図表 日本における業務用ビルのストックとFITBEMSの市場

日本における業務用ビルのストックとFITBEMSの市場

従来型BEMSと簡易型BEMSまず、BEMSの仕組みや種類について整理しておこう。

BEMSとは、ビル等の建物内で使用する電力使用量などを計測蓄積し、導入拠点や遠隔で見える化するとともに、空調・照明設備等の接続機器の制御やデマンドピークを抑制・制御する機能等を有するエネルギー管理システムのことだ。

BEMSの導入は大規模ビルが中心であり、延床面積1万㎡以上のビルがBEMSのメイン市場となっている。

元来BEMSは、ビル内の多様な設備(照明や空調、警備等)を集中監視するBASで蓄えられたデータを使って、電力使用量を管理・分析したり、機器の制御を行うものであった。いわば、BASの付加アプリケーションとして位置付けられるものであり、BAS事業者がBEMSをセットで導入するケースが大半だった。

BASは概ね、延床面積5000㎡以上の中・大規模ビルに導入されており、BEMSはその中でもさらに大型ビルに限られていたのだ。なお、5000㎡以上のビルは、業務用ビル全体の約5%と言われている。

これが変化したのが2013年以降だ。BEMS導入が遅れている中小ビルへの普及を促進するため、政府がBEMS 導入補助制度を開始。中小ビル向けに機能を限定した簡易型BEMSが登場した。こうしたビルにはBASがないため、照明・空調機器から直接、あるいはキュービクルや分電盤の回路などからデータを取って電力量を監視・管理したり、接点信号で機器を制御する仕組みを設置する。

データの収集には、IPネットワークや近距離無線等を使うものが多い。

なお、簡易型BEMSでは、前述のフル機能を備えたもののほか、見える化やデマンドコントロールといった単機能に限ったシステム/サービスも増えている。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

IBM1710
nec1710
ipswitch1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます