企業ネットワーク最前線

「M2M専用SIMが我が社の武器!」、世界的M2M企業との提携でIoTビジネスを伸ばす

文◎坪田弘樹(編集部) 2015.07.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「M2M専用SIM」を差別化要素に、IoT/M2Mビジネスを広げようとしている国内企業がある。組み込み開発を主軸事業としているマイクロテクノロジーだ。M2M専用SIMを提供するKORE Wireless 社と提携し、テレマティクス事業などを展開している。

IoT/M2Mの潮流に乗り、ビジネスを伸ばそうとしている企業は数多いが、組み込み開発と業務システム開発をコア事業とするマイクロテクノロジーもその1社だ。既存事業をベースとしながらIoT/M2Mに取り組んでいる。

ここ2年、実績を積み重ねてきたのがテレマティクスの分野だ。「組み込み開発の技術・知見と社内のリソースを上手く活かせる分野としてIoT/M2Mのビジネスを進めてきた」と、営業本部長兼IoT事業推進室長を務める執行役員の石松頼昌氏は話す。

マイクロテクノロジー 石松頼昌氏
マイクロテクノロジー 執行役員 営業本部長 兼 IoT事業推進室長の石松頼昌氏

同社はECU(エンジン電子制御ユニット)開発支援ツールをはじめとする自動車向けの組み込み機器/ソフトウェア開発を事業の柱としており、自動車制御の土台となるCAN(Controller Area Network:車載ネットワーク)から情報を取って見える化し、そのデータを機器制御や管理に用いるノウハウを持っている。

これと通信回線、M2Mアプリケーションを組み合わせて、業務車両の走行履歴管理や車両診断、メンテナンス等を行うフリートマネジメントサービスを国内外で展開中だ。一般的な車両以外にも、建設機械や船舶の積荷など適用範囲は広い。

また、テレマティクス以外にも、M2Mの適用先とアプリケーション開発の範囲が広がってきているという。「昨年は実証実験の話が多かったが、2015年からは本番稼働になりそうだ」と石松氏は手応えを口にする。

193カ国500以上のキャリア対応のKORE社と提携同社のIoT/M2Mビジネスにおいて最大の差別化ポイントとなっているのが「M2M 専用SIM」だ。世界各国の通信キャリアと接続可能なグローバルM2Mプラットフォームを持つ米KORE Wireless社と独占パートナーとして提携し、KORE社のSIMを使ってM2M特有の課題を解決している。

1つが通信料金の安さだ。最近はMVNOを中心に通信容量・速度を制限した安価なSIMが増えているが、その中でも最低水準の月額300円でSIMを提供している。テレマティクスで利用するデータ量は月間1MBもあれば十分なため、料金を低く抑えられる。車両・走行履歴管理や通知といった機能を利用するためのサービス料980円と合わせて、車両1台あたり1280円で提供している。

テレマティクスサービスの運行情報画面
テレマティクスサービスの運行情報画面

2つめが接続キャリアの豊富さだ。KORE社はMVNOおよび買収によって自社のM2Mプラットフォーム「PRiSM Pro」と多数のキャリア回線を接続する戦略を進めている(図表)。

図表 KORE Wireless社のサービスイメージ
KORE Wireless社のサービスイメージ

193カ国500以上のキャリアと接続が可能で、世界各国の2G/3G/LTE、衛星回線を目的に応じて単一プラットフォームで利用できる。なお、KORE社の顧客は現在1500社、350万のデバイスにSIMを提供しているという。

そのため、日本企業が海外にM2Mを展開する場合にも、回線の開通・休止・閉鎖をPRiSM Pro上で一元管理できるほか、請求やサポート窓口等も集約できる。複数キャリアと個別に契約するのと比べて管理が容易で、運用コストの削減に大きく貢献できる。

NTTドコモが加盟するM2M World Allianceのように、各国キャリアが提携してM2Mサービスを提供する動きも広がっているが、その場合でも回線開通・閉鎖等のオペレーションまで一元化するのは難しい。一方、KORE社の場合はMVNOとして各キャリア回線と接続し、PRiSM Proで管理できるため、機器や車両の利用状況に合わせて回線を一時的に停止したり再開することが可能だ。通信料金の値付けも柔軟にできる。

実はKORE社は日本のキャリアと直接接続しておらず、マイクロテクノロジーのテレマティクスサービスのユーザーも国内で車両管理を行う場合は、シンガポール・テレコム傘下の豪オプタスの回線等を使用している(ローミングでドコモ網を利用)。

「いつでも止めたり再開できて、ワンストップでサポートが受けられるのが受けている」と石松氏は話す。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

hpearuba1711
watchguard1711
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます