企業ネットワーク最前線

「M2M専用SIMが我が社の武器!」、世界的M2M企業との提携でIoTビジネスを伸ばす

文◎坪田弘樹(編集部) 2015.07.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「M2M専用SIM」を差別化要素に、IoT/M2Mビジネスを広げようとしている国内企業がある。組み込み開発を主軸事業としているマイクロテクノロジーだ。M2M専用SIMを提供するKORE Wireless 社と提携し、テレマティクス事業などを展開している。

IoT/M2Mの潮流に乗り、ビジネスを伸ばそうとしている企業は数多いが、組み込み開発と業務システム開発をコア事業とするマイクロテクノロジーもその1社だ。既存事業をベースとしながらIoT/M2Mに取り組んでいる。

ここ2年、実績を積み重ねてきたのがテレマティクスの分野だ。「組み込み開発の技術・知見と社内のリソースを上手く活かせる分野としてIoT/M2Mのビジネスを進めてきた」と、営業本部長兼IoT事業推進室長を務める執行役員の石松頼昌氏は話す。

マイクロテクノロジー 石松頼昌氏
マイクロテクノロジー 執行役員 営業本部長 兼 IoT事業推進室長の石松頼昌氏

同社はECU(エンジン電子制御ユニット)開発支援ツールをはじめとする自動車向けの組み込み機器/ソフトウェア開発を事業の柱としており、自動車制御の土台となるCAN(Controller Area Network:車載ネットワーク)から情報を取って見える化し、そのデータを機器制御や管理に用いるノウハウを持っている。

これと通信回線、M2Mアプリケーションを組み合わせて、業務車両の走行履歴管理や車両診断、メンテナンス等を行うフリートマネジメントサービスを国内外で展開中だ。一般的な車両以外にも、建設機械や船舶の積荷など適用範囲は広い。

また、テレマティクス以外にも、M2Mの適用先とアプリケーション開発の範囲が広がってきているという。「昨年は実証実験の話が多かったが、2015年からは本番稼働になりそうだ」と石松氏は手応えを口にする。

193カ国500以上のキャリア対応のKORE社と提携同社のIoT/M2Mビジネスにおいて最大の差別化ポイントとなっているのが「M2M 専用SIM」だ。世界各国の通信キャリアと接続可能なグローバルM2Mプラットフォームを持つ米KORE Wireless社と独占パートナーとして提携し、KORE社のSIMを使ってM2M特有の課題を解決している。

1つが通信料金の安さだ。最近はMVNOを中心に通信容量・速度を制限した安価なSIMが増えているが、その中でも最低水準の月額300円でSIMを提供している。テレマティクスで利用するデータ量は月間1MBもあれば十分なため、料金を低く抑えられる。車両・走行履歴管理や通知といった機能を利用するためのサービス料980円と合わせて、車両1台あたり1280円で提供している。

テレマティクスサービスの運行情報画面
テレマティクスサービスの運行情報画面

2つめが接続キャリアの豊富さだ。KORE社はMVNOおよび買収によって自社のM2Mプラットフォーム「PRiSM Pro」と多数のキャリア回線を接続する戦略を進めている(図表)。

図表 KORE Wireless社のサービスイメージ
KORE Wireless社のサービスイメージ

193カ国500以上のキャリアと接続が可能で、世界各国の2G/3G/LTE、衛星回線を目的に応じて単一プラットフォームで利用できる。なお、KORE社の顧客は現在1500社、350万のデバイスにSIMを提供しているという。

そのため、日本企業が海外にM2Mを展開する場合にも、回線の開通・休止・閉鎖をPRiSM Pro上で一元管理できるほか、請求やサポート窓口等も集約できる。複数キャリアと個別に契約するのと比べて管理が容易で、運用コストの削減に大きく貢献できる。

NTTドコモが加盟するM2M World Allianceのように、各国キャリアが提携してM2Mサービスを提供する動きも広がっているが、その場合でも回線開通・閉鎖等のオペレーションまで一元化するのは難しい。一方、KORE社の場合はMVNOとして各キャリア回線と接続し、PRiSM Proで管理できるため、機器や車両の利用状況に合わせて回線を一時的に停止したり再開することが可能だ。通信料金の値付けも柔軟にできる。

実はKORE社は日本のキャリアと直接接続しておらず、マイクロテクノロジーのテレマティクスサービスのユーザーも国内で車両管理を行う場合は、シンガポール・テレコム傘下の豪オプタスの回線等を使用している(ローミングでドコモ網を利用)。

「いつでも止めたり再開できて、ワンストップでサポートが受けられるのが受けている」と石松氏は話す。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

watchguard1704
necpf1704
citrix1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます