企業ネットワーク最前線

なぜ、三井不動産リアルティの「iPhone&MDM同時更改プロジェクト」は成功したか

文◎太田智晴(編集部) 2015.06.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

三井不動産リアルティの本社がある
東京・霞が関ビルディング

スマートフォンの企業導入が本格化してから数年――。「もうそろそろ機種変更」という企業は多いだろう。だが、大量導入したスマートフォンのリプレースは“大仕事”。頭を悩ます企業は少なくないと思うが、三井不動産リアルティの場合、3500台のiPhoneの切替をわずか2週間で完了。さらに同時にMDMも刷新した。スムーズにリプレースできた理由は何だったのか?

約300拠点・約3500台への配布を2週間で完了

それからの動きは早い。

MDMについては、すでに有力候補があった。日本マイクロソフトの「Microsoft Enterprise Mobility Suite(EMS)」である。前述の課題をクリアできるうえ、iOSからAndroid、Windowsなど多様なデバイスを一元管理できるのが魅力だった。さらに三井不動産リアルティは、マイクロソフト製品を数多く採用しており、それらとの親和性の高さも採用の理由となった。

ただ、1つ不安だったのは、「MDMを変更しても大丈夫かどうか」である。

三井不動産リアルティでは、キッティングからMDMの運用管理、ユーザーサポートに至るまで、iPhoneの運用全般をKDDIにアウトソースし、サービスとして提供を受けている。

そこで正式な検討開始に先立つ1月30日、KDDIのSE2名と一緒に日本マイクロソフト本社を訪問。「KDDIのSEの方もおそらく、『MDMを入れ替えて平気かな』という気持ちがあったと思うのですが、実際にハンズオンで触ってみて、『これなら、やれます』と。以前のMDMのときも、KDDIの運用スキームにはないMDMをこちらのリクエストで組み込んでもらいましたが、とても柔軟性というかチャレンジ精神があると思いますね」(齊藤氏)

 

約300拠点・約3500台への配布を2週間で完了

情報システム部でMDMの検証作業などが進む一方、総務部のほうでは約3500台のiPhone 6の円滑な配布に向けた準備が慌ただしくなっていく。

一口に3500台といっても、三井不動産リアルティの場合、「三井のリハウスの店舗など、拠点数は全部で300弱ありますから大変です」と総務部 総務グループ グループリーダーの長田裕二氏は説明する。しかも、ただ発送すればいいのではない。個々の社員用にキッティングされたiPhone 6を間違いなく届け、さらに古いiPhone 4Sを回収する必要もあるのだから大仕事だ。

 

総務部 総務グループ グループリーダー 長田裕二氏 総務部 総務グループ 喜多村千春氏
総務部 総務グループ グループリーダー
長田裕二氏
総務部 総務グループ 喜多村千春氏



iPhone 6のスムーズな配布に向けて、担当者が抽出したクリアしなければならない課題は約30項目。

例えば、納品日から機種変更作業完了までを4~6日と設定し全社員にアナウンスを行ったため、出張等により当該期間ではiPhone 6を受け取れない社員に個別対応する必要があった。結果として3500台中70台程度の個別対応が必要となったが、事前にKDDIとどういったケースでどのような対応をするかの切り分け作業を行えていた。

また、機種変更後のiPhone 4S端末を回収する必要があったため、iPhone 6納品とiPhone 4S回収を兼ねたリストを作成し、関係者間(KDDI・総務部・各拠点)で情報共有できるようにした。これらの課題すべてについて、KDDIと担当者が協議し、一緒に解決策を考えていったという。

そして、社内へのiPhone 6の配布作業は3月19日にスタート。周到な事前準備の結果、その約2週間後の3月30日にはすべてのiPhone 6の納品が完了した。

以下のが今回のプロジェクトの主なスケジュールだが、「3500台のキッティング作業がたった2週間で終わったのも、すごいこと。iPhone 6への切替は、非常にスムーズに行えました」と長田氏は評価する。

 

表 iPhone 6およびMicrosoft EMSの導入スケジュール

1月30日 日本マイクロソフトの品川本社でMicrosoft EMSのデモ見学
2月5日 EMSの導入検討開始
2月7日 検証環境でのEMSの検証開始
2月10日 三井不動産リアルティ、KDDI、日本マイクロソフトの3社で検証結果を踏まえた導入までの課題整理
2月13日 3社による課題に対する対応策の協議
~24日 各社にて対応策の立案
3月2日 iPhone 6のキッティング内容の確定
~6日 各種マニュアルの作成
3月9日~ iPhone 6のキッティング開始
3月19日 iPhone 6の社内への配布開始
3月30日 iPhone 6の配布完了

 

スペシャルトピックスPR

nec1710
ipswitch1710
yamato1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます