企業ネットワーク最前線

AWSとのセキュアな接続を簡単・低コストに! SDNベースの仮想ネットワーク「Pertino」が上陸

文◎太田智晴(編集部) 2015.03.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

パブリッククラウドにセキュアにアクセスしたい――。SDN/NFVを活用し、インターネット上に仮想ネットワークを構築することで、こうしたニーズに簡単・低コストに応えられるというのがPertino社のSaaS型VPNサービスだ。同社は2015年3月5日、日本への本格進出を発表した。


AWSに代表されるパブリッククラウドの活用が企業の間で加速している。インターネット越しに、業務システムなどを利用するケースが増えているわけだが、これにセキュリティ上の懸念を抱いているIT管理者は少なくないだろう。

もちろん、AWSであればAWS Direct Connectという閉域接続の仕組みを用意するなど、クラウド事業者は、インターネットを介さない接続方法も用意している。VPNルーターを利用し、IPsec VPNで接続するという方法も可能だ。

ただ、こうした方法の課題は、コストとリードタイムがかかることである。特に、多店舗展開する流通業や、外出先でのモバイルデバイスからの利用などを想定した場合、このハードルは高くなる。


AWS利用時のネットワーク面での課題
AWS利用時のネットワーク面での課題

そこで海外で注目を集めているのが、米Pertino社のVPNサービスだ。SDN/NFVを活用し、インターネット上に仮想ネットワークを構築することで、パブリッククラウドへのプライベート接続を実現するVPNサービスである。


PertinoはSaaS型で提供され、デバイスにソフトウェアをインストールすれば、あとはインターネット回線だけで、パブリッククラウドとのセキュアな接続が可能になる。

Pertinoの一般リリースは2014年1月から始まり、導入デバイスの数は現在、世界70カ国以上で4万台を超えるという。

そのPertino社が日本に本格進出する。2015年3月5日、都内で記者会見を開き、ソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンクC&S)とプレミアムディストリビューターパートナー契約を結んだと発表した。ソフトバンクC&Sのパートナーである富士ソフトやNECネッツエスアイ、JBCC、コムチュア、サーバーワークス、スターティアが国内で販売していく。

 


Pertino
(左から)Pertino社のトッド・クラウトクレマー氏、ソフトバンク コマース&サービスの岩瀬直行氏、アマゾン データ サービス ジャパンの今野芳弘氏、富士ソフトの大迫館行氏

 

SDN/NFVを活用し、パブリッククラウドとデバイス間でトンネリング通信

「クラウドがコンピューティングやアプリケーションを変革してきたように、ネットワーキングの在り方を変えたいとの思いから、Pertino社は創設された。Network as a Service(NaaS)という考え方のもと、我々はサービスを提供している」

同社チーフマーケティングオフィサー(CMO)のトッド・クラウトクレマー氏はこう語るが、Pertinoとは具体的にどんなサービスなのか。その仕組みを図示したのが以下のスライドだ。


Pertino
Pertinoの仕組み


Pertinoは前述の通り、公衆網であるインターネット上に、プライベートネットワークを仮想的に構築するものだ。その実現方法としては、SDN/NFVを採用。クラウド上に置かれたコントローラの制御のもと、パブリッククラウド上のVスイッチ(仮想スイッチ)と、専用ソフトをインストールしたデバイス間でトンネルを張り、仮想ネットワークを実現する。


Pertinoの展開状況
Pertinoの展開状況


Pertinoに対応するパブリッククラウドは、AWS、Google Compute、Rackspace、SoftLayer、Digital Ocean、Linodeの6サービス。対応するデータセンターの数は26で、ここにはAWSの東京リージョンも含まれている。なお、Pertinoのコントローラ機能も、AWS上に構築されているそうだ。

Pertinoの国内での提供料金は月額3750円(10ライセンス)~。利用するデバイス数によって料金は変わってくる。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
nec1707

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます