導入・選定ガイド

AWSを上手に使いこなすためのネットワークソリューション入門[後編]

AWS Direct Connectの「3つのメリット」と「導入方法」を理解する

文◎太田智晴(編集部) 2015.02.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

国内企業によるAWSの採用が加速しているが、多くの企業はAWSと社内イントラの間を閉域網で接続できる「AWS Direct Connect」を活用している。今回は、AWS Direct Connectのメリットを整理するほか、その具体的な仕組みと導入方法を紹介する。

AWS Direct Connectの3つのメリットとは?

前回はAWS Direct Connectが日本的クラウドファーストを支える重要なサービスの1つになっていることを紹介したが、AWS Direct Connectを選択するメリットは具体的には次のように整理できる。


(1)セキュリティに関する懸念解消

まずはセキュリティに関する懸念解消だ。AWSと社内イントラなどの間をセキュアに接続する方法としては、インターネットVPN(IPsec VPN)も用意されており、シスコやジュニパー、ヤマハのルーターなどが対応している(対応ルーターの詳細はAWSのWebサイトで確認できる)。

つまり、閉域網を用意しなくても十分なセキュリティ強度は実現可能だが、「それでもインターネットを介して、重要な社内データをやりとりしたくない」というニーズは非常に大きいだろう。こうしたニーズにAWS Direct Connectは応える。


(2)優れたパフォーマンス
続いてのAWS Direct Connectのメリットは、専用線ならではのネットワーク品質の高だ。ベストエフォートであるインターネットと違い、高スループット・低遅延の接続性を安定的に確保できる。

クラウドの場合、ネットワークのパフォーマンスがより直接的にシステム全体のパフォーマンスに影響する。このためセキュリティではなく、むしろネットワークパフォーマンスを主たる理由に、AWS Direct Connectを選択している企業は多い。ある大手SIer幹部は、次のように語る。

「うちはコンテンツプロバイダーの顧客が多いこともあるが、ほとんどの顧客がAWS Direct Connectを使ってAWSと接続している。その理由は、セキュリティというより、ネットワークのレスポンスの良さだ。インターネットVPNとはパフォーマンスが全然違う」

基幹システムや事業用インフラにAWSを活用するケースなどでは、高品質なネットワークパフォーマンスの安定的な確保が必須であるケースがほとんどだろう。

なお、柔軟にスケールできるクラウドは、もともと事業用インフラに適しているが、アマゾン データ サービス ジャパンの大谷晋平氏によると、AWSの利用用途として最近拡大しているのがIoT/M2M向けだという。IoT/M2Mの場合、事業が拡大するにしたがい、ビッグデータがどんどん蓄積されていく。このため、特にクラウドとの相性に優れているというわけだ。


(3)データ転送料が割安に
インターネット接続との違いとしては、データ転送料が安価になることもある。

AWSの利用には、データ転送料が必要だ。インターネットからAWSに入る「上り」のデータ転送については無料だが、AWSからインターネットに出て行く「下り」のトラフィックには従量制で課金される。例えば、月間のデータ転送量が1GB~10TBの場合は、1GB当たり約24円(0.201米ドル)である。

AWS Direct Connectを介したデータ転送についても同じく課金されるが、その課金額はインターネットの約4分の1になる。AWS Direct Connectの利用自体にコストがかかるため、この点を主な理由にAWS Direct Connectが採用されるケースはほとんどないようだが、これもメリットの1つに挙げられる。

 

スペシャルトピックスPR

watchguard1711
watchguard1712
cyvereason1712

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018b
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます