導入ガイド

AWSを上手に使いこなすためのネットワークソリューション入門[後編]

AWS Direct Connectの「3つのメリット」と「導入方法」を理解する

文◎太田智晴(編集部) 2015.02.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

国内企業によるAWSの採用が加速しているが、多くの企業はAWSと社内イントラの間を閉域網で接続できる「AWS Direct Connect」を活用している。今回は、AWS Direct Connectのメリットを整理するほか、その具体的な仕組みと導入方法を紹介する。

AWS Direct Connectの3つのメリットとは?

前回はAWS Direct Connectが日本的クラウドファーストを支える重要なサービスの1つになっていることを紹介したが、AWS Direct Connectを選択するメリットは具体的には次のように整理できる。


(1)セキュリティに関する懸念解消

まずはセキュリティに関する懸念解消だ。AWSと社内イントラなどの間をセキュアに接続する方法としては、インターネットVPN(IPsec VPN)も用意されており、シスコやジュニパー、ヤマハのルーターなどが対応している(対応ルーターの詳細はAWSのWebサイトで確認できる)。

つまり、閉域網を用意しなくても十分なセキュリティ強度は実現可能だが、「それでもインターネットを介して、重要な社内データをやりとりしたくない」というニーズは非常に大きいだろう。こうしたニーズにAWS Direct Connectは応える。


(2)優れたパフォーマンス
続いてのAWS Direct Connectのメリットは、専用線ならではのネットワーク品質の高だ。ベストエフォートであるインターネットと違い、高スループット・低遅延の接続性を安定的に確保できる。

クラウドの場合、ネットワークのパフォーマンスがより直接的にシステム全体のパフォーマンスに影響する。このためセキュリティではなく、むしろネットワークパフォーマンスを主たる理由に、AWS Direct Connectを選択している企業は多い。ある大手SIer幹部は、次のように語る。

「うちはコンテンツプロバイダーの顧客が多いこともあるが、ほとんどの顧客がAWS Direct Connectを使ってAWSと接続している。その理由は、セキュリティというより、ネットワークのレスポンスの良さだ。インターネットVPNとはパフォーマンスが全然違う」

基幹システムや事業用インフラにAWSを活用するケースなどでは、高品質なネットワークパフォーマンスの安定的な確保が必須であるケースがほとんどだろう。

なお、柔軟にスケールできるクラウドは、もともと事業用インフラに適しているが、アマゾン データ サービス ジャパンの大谷晋平氏によると、AWSの利用用途として最近拡大しているのがIoT/M2M向けだという。IoT/M2Mの場合、事業が拡大するにしたがい、ビッグデータがどんどん蓄積されていく。このため、特にクラウドとの相性に優れているというわけだ。


(3)データ転送料が割安に
インターネット接続との違いとしては、データ転送料が安価になることもある。

AWSの利用には、データ転送料が必要だ。インターネットからAWSに入る「上り」のデータ転送については無料だが、AWSからインターネットに出て行く「下り」のトラフィックには従量制で課金される。例えば、月間のデータ転送量が1GB~10TBの場合は、1GB当たり約24円(0.201米ドル)である。

AWS Direct Connectを介したデータ転送についても同じく課金されるが、その課金額はインターネットの約4分の1になる。AWS Direct Connectの利用自体にコストがかかるため、この点を主な理由にAWS Direct Connectが採用されるケースはほとんどないようだが、これもメリットの1つに挙げられる。

 

スペシャルトピックスPR

recomot201701
ゼンハイザー201701
エンピレックス201611

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ICT業界 未来予測2017
         10の変革シナリオ

 LPWAでスマートシティ元年 / IoTが“シェアリング”を加速
 社会基盤を「人質」に身代金 / モバイルで進む放送と通信の融合
 ビデオがX-Techの名脇役 / PBX業界のデジタル破壊始まる   他

【インタビュー】総務省 総合通信基盤局長 富永昌彦氏<MVNOの接続料をさらに低廉化 つながるクルマがIoTの“先兵”>

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot08
ngn2016
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます