新製品&新サービス

Dropboxにも企業内と同じコンテンツセキュリティを――モバイルアイアンが新サービス「CSS」

文◎百瀬崇(ライター) 2015.02.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

モバイルアイアン アジア太平洋・日本担当
セールスバイスプレジデントの柳下幹生氏

統合モビリティ管理ベンダーのモバイルアイアン・ジャパンは2月18日、Dropboxなどのコンシューマ向けクラウドのセキュアな業務利用を実現する新サービス「MobileIron Content Security Service(CSS)」を発表した。オンプレミスとクラウドの環境においてシームレスなコンテンツセキュリティを提供するソリューションだという。


モバイルアイアン アジア太平洋・日本担当セールスバイスプレジデントの柳下幹生氏によると、エンドユーザーコンピューティングでは2つの大きな動きが起きているという。1つは企業においてSalesforceやboxなどといった企業向けのクラウドだけでなく、DropboxやGoogleドライブなどのコンシューマ向けクラウドも利用され、様々なクラウドが融合していること。

もう1つはデバイス側の話で、iOSとAndroidに加えてWindows 10がエンドユーザーコンピューティングのなかに入ってくること。「Windows 10は完全にモバイル型のOSで、スマートフォンとタブレット端末、PCのすべてをサポートする。アーキテクチャ的にモバイルOSになっているため、モバイル型のセキュリティソリューションが必要とされる」と柳下氏は説明する。

Windows 10のアップデートは、iOSやAndroidと同様にスマートフォンなどのボタン1つで完結できるように進化するという。「Windows 10が企業で利用され始めると、エンドユーザーコンピューティングに大きな変化が生じる。こうしたことを踏まえてCSSをリリースした」(柳下氏)。


これからのエンドユーザーコンピューティングのイメージ
これからのエンドユーザーコンピューティングのイメージ

セキュリティをドキュメントに紐付け

CSSはオンプレミスとクラウドの環境においてシームレスなコンテンツセキュリティを提供するものだ。具体的には、モバイルアイアンのEMM(エンタープライズモビリティ管理)のポリシーサーバーに、コンテンツセキュリティサービスのポリシーを強制するサーバーを追加することで実現する。このためCSSの利用には、モバイルアイアンのEMMの導入が前提となる。


CSSの全体イメージ
CSSの全体イメージ


「今のコンテンツセキュリティにはアーキテクチャ的な問題がある」と柳下氏は言う。例えばMicrosoft SharePointには、アップロードやダウンロードの禁止や、ある日数を経たら自動的に文書が削除されるなどといったコンテンツセキュリティポリシーがあるが、これらはSharePointだけに適用される。

ユーザーのニーズはクラウドでコンテンツサービスを利用することにまで広がっており、そうなるとSharePointだけではなく、クラウドサービスごとにセキュリティポリシーを当てていかなければならない。CSSを活用すれば、クラウドを含めたファイルレポジトリーに同じセキュリティポリシーを適用することができるという。

「これまではそれぞれのコンテンツサービスにバーティカルにセキュリティポリシーを当てていたが、CSSを利用することで従来の企業レポジトリーとクラウドレポジトリーに共通なセキュリティポリシーを割り当てることができるようになる」(柳下氏)


CSSではドキュメントにセキュリティを紐付ける
CSSではドキュメントにセキュリティを紐付ける


従来のモデルでは、セキュリティはストレージに紐付けられるため、オンプレミスとクラウドの間を行き交うドキュメントに共通したセキュリティポリシーを当てることは難しかった。だが、CSSを利用したコンテンツセキュリティの新しいモデルでは、セキュリティはドキュメントに紐付けられる。そのため、ドキュメントがどのレポジトリーにあっても共通したセキュリティポリシーを割り当てられるのだという。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1708
macnica1708
nokia1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます