企業ネットワーク最前線

IoT活用の自動車保険 2020年に世界で500億ドル規模へ――国内損保の動きも活発化

文◎内野治恵(フリーライター) 2015.02.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Insure The Box社のテレマティクス保険で
使用されている「Black Box」

IoTを活用して運転情報を取得。これを基に保険料を決定する「運転行動連動型」の自動車保険が海外では普及しつつある。米国では2020年には半数が運転行動連動型になるとの見方もあるほどだ。日本では導入が遅れていたが、いよいよ国内損保の動きも活発になってきている。


損保ジャパン日本興亜は、IoTを活用した企業向け安全運転支援サービス「スマイリングロード」を3月から全国で提供する。車両に設置した通信機能付きドライブレコーダーで走行データを収集。集めたビッグデータをクラウド上で解析し、ドライバーや企業の管理者に安全運転診断や危険運転などの情報をフィードバックするサービスだ。

このスマイリングロードは、損保ジャパン日本興亜の自動車保険フリート契約に加入する企業向けのサービスで、1台につき月額1800円の料金がかかるが、興味深いのは全車両で利用すれば保険料が5%割引になる点である。サービスの主眼は、ドライバーの安全運転意識の向上や管理者による効率的な指導の支援にあるが、保険料の削減も期待できるのだ。


スマイリングロードのドライブレコーダー
スマイリングロードのドライブレコーダー。GPS、加速度センサー、カメラ、3G通信機能を備えている(東芝製)


実は海外ではこのようにIoTで運転情報を取得し、これを基に保険料を決定する運転行動連動型(PHYD:Pay How You Drive)テレマティクス保険が普及し始めている。なお、テレマティクス保険には、走行距離連動型(PAYD:Pay As You Drive)もあり、こちらは日本国内でも一部で提供が始まっている。


テレマティクス保険の概要
テレマティクス保険の概要(出典:国土交通省資料 http://www.mlit.go.jp/common/001061957.pdf

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

softbank201701
panasonic201701
nttsoft201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます