新製品&新サービス

WiMAX 2+で国内最速220Mbpsを実現――「使い放題」は維持し料金を月額4380円に

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2015.01.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

UQコミュニケーションズは、2015年3月からモバイルデータ通信サービスWiMAX 2+の最大通信速度を現行の下り110Mbpsの2倍、220Mbpsに引き上げる。料金プランは「使い放題」を維持、料金を月額3696円(2年間)から4380円とし、月額3696円の上限7GBのプランと2本立てで展開する。


2015年1月15日に開かれた新サービス・新デバイス発表会でUQコミュニケーションズの野坂章雄社長は「WiMAX 2+の220Mbps化は、キャリアアグリゲーション(CA)と4×4MIMOの2つの方式で実現する。この2つを組み合わせて、440Mbpsのサービスを実現することも視野に入っている。さらにシステムを高度化し、2020年のオリンピックの前に1Gbpsを実現したいと考えている」と述べた。

野坂社長が実現方式の1つとしたCAは、WiMAX 2+の複数の搬送波(電波)を束ねて高速化を実現する技術である。

UQは2009年の開業時から30MHz幅の周波数帯でWiMAXによる下り最大40Mbpsのサービスを提供しているが、今回このうちの20MHz幅をWiMAX 2+に置き換える。さらにこれと、2013年に割り当てられ、すでに20MHz幅の帯域を使って運用されているWiMAX 2+の搬送波をCAで組み合わせ。計40MHz幅の搬送波として使うことで、220Mbpsの最大通信速度を実現する。WiMAX帯域のWiMAX 2+への転換は、今年2月に栃木県真岡市でスタートし、順次全国に拡大される計画だ。


キャリアアグリゲーション技術により220Mbpsを実現
キャリアアグリゲーション技術により220Mbpsを実現


CA対応WiMAX 2+端末の第一弾はモバイルルーターの「Speed Wi-Fi NEXT W01」(ファーウェイ製)。この端末は1月16日に発売されるが、220Mbpsのサービスが利用できるようになるのは3月のファームウェアのバージョンアップ以降だ。W01はKDDIのLTE網の利用も可能だが、既存のWiMAXはサポートしない。


CAで220Mbpsに対応するモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」
CAで220Mbpsに対応するモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」


もう1つの4×4MIMOは基地局と端末双方に4本のアンテナを実装して効率的なデータ通信を行う技術。WiMAX 2+に導入すれば20MHz幅の搬送波1波で220Mbpsのデータ通信が実現できる。

「モバイル通信で220Mbpsを商用化したのはUQが世界初。膨大な演算の最適化や、端末への4アンテナの実装、1チップ化の実現などの点から端末作りのハードルが高い。当社とさまざまな端末ベンダーとの協力で実現できた」と野坂社長は語った。


440Mbpsへの高速化も視野に入っているという
440Mbpsへの高速化も視野に入っているという


UQはWiMAX 2+の基地局を当初から4×4MIMOに対応する形で整備しており、3月に対応機となるモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX01」(NECプラットフォームズ製)が発売されれば、WiMAX 2+エリア全域で一気に220Mbpsの高速データ通信が利用できるようになる。なお、WX01はWiMAXにも対応。UQのモバイルルーターでは初めてBluetoothもサポートしている。   


4×4MIMOで220Mbpsに対応する「Speed Wi-Fi NEXT WX01」
4×4MIMOで220Mbpsに対応する「Speed Wi-Fi NEXT WX01」


UQでは現在2万局のWiMAX 2+の基地局を2015年3月末までに2万2000局に拡大し、現行のWiMAXと同等のエリアを整備する計画だ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1711
hpearuba1711
watchguard1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます