企業ネットワーク最前線

日清紡の「災害に負けないICTインフラ」を支える5本柱とは?

文◎太田智晴(編集部) 2014.12.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

震災から数カ月、日清紡はICTインフラに関して5つの大きな柱からなるBCP(事業継続計画)を策定した。「災害に負けないICTインフラ」を実現するため、日清紡はネットワークやモバイル、クラウドをどう活用したのだろうか。また、業務システムのクラウド化を本格的に進める同社は、コスト削減にも期待している。

災害に強いネットワークをWVSとインターネット設備のサービス化で実現

まずは、ネットワークについてだ。1番目の柱は「被災地以外の地域に影響を及ぼさないネットワーク基盤の構築」だが、日清紡グループの拠点間ネットワークは従来、「ハブとなる拠点が被災すると、ネットワークが分離してしまう」(深川氏)という弱点を抱えていた。

以前の拠点間ネットワークの構成は、いわゆるハブ&スポーク型。このため、ハブ拠点に問題が発生すると、その下にぶらさがるスポーク拠点にまで障害が拡大した。また、ハブとなる拠点間は広域イーサネット、ハブ拠点とスポーク拠点間はIP-VPNといったように異なる種類のWANサービスを採用していた。

災害に強いネットワーク基盤を実現するには、各拠点を複数の経路、つまりメッシュ型に近い構成で接続する必要があるが、そこで採用したのがKDDIの「KDDI Wide Area Virtual Switch」(WVS)だった。

WVSの大きな特徴の1つは、従来の広域イーサネットやIP-VPNなどのWANサービスとは違い、レイヤの異なる複数のネットワークを仮想的に統合できることだ。すなわち、各拠点それぞれのニーズに応じて、レイヤ2かレイヤ3か、さらにはアクセス回線も自由に選んだうえで、これらをシンプルに組み合わせられる。

「それ以前からKDDIのWANサービスを採用していましたが、WVSのおかげで、各拠点が複数のポイントで接続できるネットワーク基盤へとスムーズに移行できました」と深川氏は語る。

こうして社内ネットワークを強固にした日清紡グループだが、これだけでは万全ではない。社外とつながるインターネット接続環境の強化にも取り組んだ。5番目の柱である「インターネット接続設備の増強とアウトソース化」だ。

日清紡グループは従来、KDDIのデータセンターにラックを借りて、ルーターやファイアウォールなどのインターネット接続設備を自前で所有・運用していた。だが、「障害時の対応を考えると、なるべくサービス化を進めたほうがいい」(深川氏)と決断。今年3月、KDDIが所有・運用するインターネット接続設備をサービスとして利用する形態に移行した。

興味深いのは、日清紡グループ独自のセキュリティポリシーの適用を可能にするため、同社専用のファイアウォールを仮想アプライアンスによりKDDIが提供している点だ。

「メール配信やWeb閲覧に関するセキュリティポリシーなどは、どうしても当社独自に作り込む必要がありました。そこで、KDDIのクラウド基盤上に当社専用の仮想ファイアウォールを構築してもらいました」と西村賢一郎氏は説明する。こうした工夫により、自前設備でなくても、きめ細かなセキュリティポリシーを維持できているのだ。

 

日清紡ホールディングス 西村賢一郎氏
日清紡ホールディングス 事業支援センター 財経・情報室 情報システムグループ 高度情報(情報セキュリティスペシャリスト) 西村賢一郎氏

 

 

スマートフォンとiPadにプラスαの価値をもたらしたmoconavi

3番目の柱である「社外からも容易に利用可能なリモートアクセス方法の選定」に関しても実行に移してきた。

ノートPCからVPN経由で社内ネットワークにリモートアクセスできる環境に加えて、2012年にはiPad、2013年にはスマートフォンの活用をスタートしている。iPadはホールディングス会社およびその傘下の中核事業会社の部長以上、スマートフォンは事業会社の営業職を中心に貸与しているという。ともに、KDDIの端末を採用している。

 

KDDI Remote Sync by moconaviのトップ画面
KDDI Remote Sync by moconaviのトップ画面



iPadやスマートフォンから、社内のメール環境やグループウェア、ファイルサーバーなどにアクセスする手段としては、「KDDI Remote Sync by moconavi」を使っている。

moconaviでは、端末にデータを残さず社内のリソースにアクセスできる。このため、情報漏えいのリスクを最小限に抑えることが可能だ。また、スマートデバイス向けに最適化されたユーザーインターフェースにより、快適にメールやグループウェアなどを閲覧・編集できるのもmoconaviの特徴となっている。

日清紡グループがmoconaviの利用を開始したのは2013年11月。

それ以前、同社ではフィーチャーフォンの利用が全体の約7割を占めていた。フィーチャーフォンから社内メールを確認できるシステムはあったが、機能が充実しておらず、社員からは改善の要望があがっていたという。

そんな現場の声も後押しになり、社内検討した結果、機能性とコストパフォーマンスの良さからmoconaviの利用を前提として、スマートフォンの本格導入が決定。導入後2カ月でスマートフォンの利用者が一気に3倍近くまで拡大したという。

日清紡グループでは、各事業会社がスマートデバイスを誰に支給するかなどの判断を行っているが、「フィーチャーフォンと比べると、やはりスマートフォンのコストは高いです。そのため、プラスアルファの価値が見込めないと、『社員が使いたい』と言ってもなかなか通りません」(西村氏)。

こうした事情は多くの企業で同じだろうが、様々な業務システムが便利に使えるmoconaviによって、スマートデバイスの付加価値がより明確に実感されるようになり、導入台数が増えてきているのだ。

さらにiPadでは、リモートデスクトップサービス「KDDI GoToMyPC」も使っている。これは、社内にあるPCを遠隔から利用できるソリューションで、端末にデータ保存せずに済むため、セキュリティ対策の一環として、iPadとセットで導入を決めたそうだ。moconaviからはアクセスできない、ワークフローなどの業務システムを社外から利用するのに活躍しているという。

また、外出先でも部長以上の幹部が承認作業を行えるようになるなど、業務スピードも向上。「緊急対応が必要な際にも、迅速に連絡や判断が行えるようになった」と、利用者からの評価も高いそうだ。

 

スペシャルトピックスPR

paloalto1712
necmag1712
atmark1712

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G&4K時代へ
   ネットワークの試練

光定額制は維持できるか/4K時代へ進化するCDN/5Gにも使える新型PON/動画配信サービス「U-NEXT」の挑戦 ほか

◆F5ネットワークス 権田裕一社長「デジタル変革でADCに新市場」
◆MulteFireが日本で年内にも ◆NTT東、エッジコンピューティングへ
◆中国が5GをSA型で開始する理由 ◆5G待たずにロボットを遠隔制御

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズチェック・ポイントのSMB戦略
あらゆる環境で攻撃を未然に防ぐ

日本向けにローカライズし、パートナーもユーザーも扱いやすく。

ロジクールSkype for Business用
会議室コンソール「SmartDock」

働き方改革に有効なSfB会議が簡単かつ安全に始められる!

協和エクシオSfB導入の課題解決をサポート

協和エクシオは通建事業60年のノウハウを活かし、Skype for Business導入トータルサービスを提供する。

ソフトバンクSkype for Businessの利用促進
コスト大幅削減を実現するには?

ソフトバンクのGlobalMeet電話会議サービスで実現可能だ。

ブロードメディア・テクノロジーズグローバル企業の悩みを一掃!
“本当に使える”SD-WAN基盤

WANの課題を一掃するAryakaの
SD-WANが心強い味方になる。

NECネッツエスアイSilver PeakのSD-WANは
独自技術でSaaS通信をフル制御

「SaaSを快適かつ安定的に使いたい」という企業ニーズに応える。

日商エレクトロニクスクラウドが快適に使えるSD-WAN

日商エレクトロニクスが販売する「Cisco SD-WAN」(旧Viptela)は、常に進化し続けるSD-WANだ。

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018a
compass
watson

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます